株式会社共生 > 審査証明・NETIS

建設技術審査証明・NETIS

建設技術審査証明一覧

認定機関:一般財団法人 砂防・地すべりセンター

         工  法  名         認定番号 ・ 工法概要     技術分類 ・ 日付
    INSEM-ダブルウォール工法
  INSEM-ダブルウォール工法 ダブルウォールと低強度INSEMの複合形式
技術証第 0504号

現地発生土を有効利用しINSEM材を単独使用する砂防堰堤では実現できない低強度レベルのINSEM材を中詰めに使い、水平打継目処理を一切行わないことを可能にした複合構造形式の砂防堰堤
砂防技術

平成17年2月22日取得
平成22年2月22日更新
平成27年2月22日更新
平成28年9月16日内容更新
令和2年2月22日更新
令和7年2月21日まで有効 
CBBO型砂防えん堤(CBBO型・HBBO+型)
透過型砂防えん堤
技術証第 0703号

土石流捕捉のための機能部材として着脱可能なビームをクロスに配し、それを背後で支える構造部材として鋼矢板の鋼殻をまとったコンクリート扶壁(バットレス)を組合わせた透過型堰堤
 
砂防技術

平成19年10月29日取得
平成24年10月29日更新
平成26年6月18日変更
平成29年10月29日更新
令和4年10月28日まで有効 
  

 

NETIS登録一覧

国土交通省 新技術情報提供システム

          工  法  名                    登録番号 ・ 工法概要
逆T型CFT並列防護擁壁(VCCW)
逆T型CFT並列防護擁壁(VCCW)
KT-210007-A 【NEW】

コンクリート充填角形鋼管の支柱を密に配置した防護柵とそれを支える底版コンクリートからなる落石および崩壊土砂防護擁壁。
本工法の活用により、コンクリート断面と斜面掘削量を縮小できるため経済性が向上する。
防護柵は取り外し可能なため、堆積土砂の除去等維持管理が容易。
SBポストアンカー
SBポストアンカー
KT -200011-A 

本技術は衝突荷重を一切擁壁に波及させない自主独立構造の鋼製控えアンカー式車両防護柵基礎である。従来の現場打ちコンクリート基礎に比べ、施工性が向上しコスト縮減が図れるうえ、衝突時の取替は変形した支柱材のみで済む。
Zスリット型堰堤工法(VCCO型
Zスリット型堰堤工法
KT-190075-A

鋼管を素のままで活用した直立鋼管柱と底板コンクリートからなる鋼製透過型堰堤。
直立鋼管柱には、砂充填鋼管あるいはコンクリート充填鋼管を使用。
従来技術と比較して鋼材加工度を大幅に減らせるため工期短縮と経済性向上が図れる。

※「VCCO型」はZスリット型堰堤工法の商品名です。
バンブーウォール
バンブーウォール
KK -190027-A 

盛土材に敷設する引張り補強材に竹を使用した仮設用の補強土壁工法。
補強材に自然素材である竹を使用する事で、地球環境への負荷を抑制することができ、放置竹林の整備促進も図ることができる。
  大型積みブロックアンカーウォール
       (チサンウォール)
地産ウォール アンカー式大型積みブロック補強土壁
KK-160008-A

壁面材に大型積みブロックを使用したアンカー式補強土壁工法であり、水平補強材に異形棒鋼、アンカー材に山形鋼など汎用性のある鋼材を使用している。
自立可能な厚手(350mm)の大型積みブロックを補強土壁の壁面材として使うことで壁面際までローラー転圧可能。薄手のコンクリートスキンよりも壁際の裏込土の締固め性能にすぐれる。地場産ブロックを登用したことで低コストとなっている。 
アントラー転生型枠工法
アントラー転生型枠
SK-130013-A(掲載期間終了)

補強筋を内蔵したπ型自立式大型ブロックを砂防堰堤や擁壁に利用した躯体一体構造の残存型枠工法。
作業の安全性や施工性、躯体との一体化に優れたπ型自立式大型ブロックの使用により、在来型枠における足場工や支保工を不要にできる。
 ブロック・ノン/スーパーブロックノン
ブロック・ノン
KK-120034-A(掲載期間終了)

L型ユニットの壁面材と補強材にエキスパンドメタルを使用し、L型ユニットの各段に面状の補強材を敷設した鋼製補強土壁工法。
背面側を折り曲げて上下連結することで、2重壁構造のもたれ式擁壁となり、掘削を最小にすることができる。
LXウォール
LXウォール 控えアンカー式鋼製擁壁
HR-040022-VE(掲載期間終了)

壁高5m以下の低擁壁に適用する直壁タイプの鋼製L型擁壁。
コンクリートを一切使わない合理的な控えアンカー式鋼製L型構造。
部材が軽量なため、人力による運搬・組立てが可能で、クレーン等の大型重機が不要である。
 
        スーパーレクサ
スーパーレクサ アンカー式鋼製補強土壁
KK-030002- A(掲載期間終了)

壁面材にL型エキスパンドメタル、水平補強材にねじ節鉄筋、アンカー材に山形鋼を使用したアンカー式補強土壁工法。
低擁壁から高擁壁まで対応可能で、水平補強材に安価な一般鋼材を使用、壁高が高くても工事費の増大を低く抑えることができる。

テンサーダブルウォール
活用促進技術
テンサーダブルウォール ジオテキ二重壁構造の補強土擁壁
CB-990067-V(掲載期間終了)

山岳道路工事などにおける掘削最小のニーズに応えるジオテキ二重壁補強土工法。
擁壁の安定上必要となる壁体幅を狭くすることができるので、掘削量や中詰め土量、さらには補強材の所要数量などを節減する事ができる。
   残存型枠SSSフォームレス
     活用促進技術
SSSフォームレス 嵌合式U形鋼板セグメントを使用した残置型枠
CB-990036-V(掲載期間終了)

重力式コンクリート構造物に適用する脱型不要の残存型枠工法。
壁面パネルのセグメントが厚さ1.6㎜と薄く軽量なうえに鋼矢板と同様の嵌合式継手を有していることから千鳥配置に差し込むだけで簡単に施工できる。
  

 

新技術・新工法登録一覧

          工  法  名                    登録番号 ・ 工法概要
      バンブー補強土壁
九州農政局 新技術・新工法情報 92番
中国四国農政局 新技術・新工法情報 平成30年度 3番

壁面材(エキスパンドメタルあるいは竹植栽ポット)と割竹の補強材を組合わせた摩擦抵抗式の補強土壁。使用する竹材には品質規格を設けるとともに、燻煙処理を施し耐久性を向上させている。
工業製品を使用する既存工法に比べ環境にやさしいだけでなく、経済性に優れている。
LXウォール
中国四国農政局 新技術・新工法情報 平成30年度 4番

壁高5m以下の低擁壁に適用する直壁タイプの鋼製L型擁壁。
コンクリートを一切使わない合理的な控えアンカー式鋼製L型擁壁。
部材が軽量なため、人力による運搬・組立てが可能で、クレーン等の大型重機が不要である。

 

書籍等掲載一覧

月刊基礎工2020年8月号【NEW】
特集:補強土工法の最新動向  


『壁面材に地場産の大型積みブロックを
 用いた補強土壁工法』(p87-89)

既存の部材の新しい組合せ、純国産技術であり、 
比較的安価な「チサンウォール」の記事が掲載
されています。

ダウンロードしてご覧頂く事ができます。  
月刊土木施工2020年6月号
特集:大規模地震および豪雨に伴う土砂災害  


『角形CFTを活かした鋼管林立型砂防堰堤』
 究極の透過型砂防堰堤をめざして(p92-94)

シンプルな構造で、段違いの工期短縮とコスト縮減を図る
ことのできる「VCCO型堰堤」の記事が掲載されています。

ダウンロードしてご覧頂く事ができます。  
syoseki_2018_6_dobokusekou.png 2018年7月25日 発売!!
トコトンやさしいダムの本
 ~第2章ダムの種類とその特徴~


28 砂防ダム(P66・67)でさまざまな形状の砂防ダムが
掲載されています
syoseki_2018_6_dobokusekou.png 月刊土木施工2018年6月号
特集:災害常襲地域九州の防災対策~「しっかり守る」


『土石流・流木対策用のZスリット型堰堤工法』の記事が
掲載されています。

抜刷版をダウンロードしてご覧頂く事ができます。  
syoseki_2018_6_dobokusekou.png 月刊土木施工 2017年6月号
特集:大規模地震および大雨による土砂災害


政策研究大学院大学特任教授 水山先生との共著。
『現地発生土砂による複合型砂防堰堤』の記事が
掲載されています。
syoseki_2018_6_dobokusekou.png 建設機械 2016年3月号
特集:砂防堰堤で使用されるさまざまな技術


当社がこれまでに開発し設置してきた複合構造堰堤
の現行型式および開発中のその発展形について紹介
しています。
syoseki_2018_6_dobokusekou.png 月刊基礎工 2015年6月号
砂防堰堤における設計・施工の最近の動向


砂防堰堤を設計・施工する際の参考として、形式分類
の実情、設計・施工技術の最近の動向および課題と
展望について掲載されています。
東京の注目20社 東京の注目20社-地道な歩みで会得した「成長の芽」が首都で開花

内容紹介
本書に登場する優良企業20社の業種は自動車部品、家電部品、土木コンサル、印刷、製本、自動車修理、電気工事、互助会、給食業、造園業など伝統的なものばかりだ。創業事業を大切にし、身の丈に合った経営を身上としているから、安易な海外展開や異業種展開をしない。いつも足元をしっかり見ている企業が東京で成功する…