HOME > 商品一覧 > ブロック・ノン

ブロック・ノン

ブロック・ノン(BLN)

構造

ブロック・ノン

新技術情報提供システム(NETIS)登録 KK-120034-A

壁高8m程度以下の低擁壁に適用する鋼製緑化補強土擁壁です。 壁面材と補強材にエキスパンドメタルを使用することで、軽量・安価・簡単と三拍子揃ったニーズの高い商品です。

新設はもちろん、迅速性の要求される災害復旧の現場、路肩などの小破修繕工事、津波避難路などでは特に適材とされ、用途の広い商品として全国各地で多数の実績があります。

  ブロック・ノン

特長

  • 壁面ユニット高0.6mの各段に面状の補強材(エキスパンドメタル)を全面敷設。
  • 盛土材を0.6m間隔で満遍なく補強することで、均一に良く締まった盛土構造物を構築できる。
  • 補強材は定尺ものを取り付けるだけ。ジオテキスタイルと違って扱いやすく、カットや緊張の必要もなく施工が速い。
  • 壁面はずらし積みとなっており、沈下に伴う壁面の座屈の心配がない。
  • 補強材に安価なエキスパンドメタルを使用したことでコスト安。
  • 標準設計が完備されており、迅速な対応が可能。

施工手順

(1)壁面ユニットの組立・設置  arrow01.gif (2)吸出し防止材(植生マット等)・斜タイ材の取付け  arrow01.gif (3)中詰材の投入、敷均し、締固め
 1.壁面ユニットの組立・設置    2.吸出し防止材(植生マット等)・斜タイ材の取付け    3.中詰め材の投入、敷均し、締固め
壁面材と補強材をコイルと丸棒を使って連結し、壁面材、補強材が一体となったユニットを所定の位置に設置します。   吸出し防止材を壁面材に密着させて固定し、斜タイ材は壁面材の外側にフックを突き出し、腹起し材を通して連結します。   勾配と通りを確認後、中詰め土の投入・敷均しをして1層の仕上がり厚30㎝になるように締固めます。転圧は小型転圧機により、壁面に平行に走行して行います。
 
(4)壁面ユニット設置、中詰めの繰り返し  arrow01.gif (5)完成    
 4.壁面ユニット設置、中詰めの繰り返し    5.完成    
壁面ユニットの設置、中詰めを交互に繰り返して擁壁の天端まで仕上げます。        
 



比較工法(商品)

ブロック積み、かごマット、かご枠など

ブロック・ノン 施工事例

札幌 穴の川   岩手 町道久保線   中丹広域振興局 古和木谷止工
北海道 札幌建設管理部
穴の川砂防工事
H=3.6m,L=33.0
  岩手県 岩手町役場
町道久保線道路改良舗装工事
H=3.6m,L=109.0
  長野県 下伊奈地方事務所
恩田井水地区
H=6.0m,L=21.0m 
         
京都 丹後縦貫林道   岡山 大佐日野線   阿蘇 阿蘇大橋地区
京都府 丹後広域振興局
丹後縦貫林道
H=4.8m,L=35.0m
  岡山県 備中県民局
県道大佐日野線
H=4.8m,L=95.0m
  国土交通省 熊本復興事務所
阿蘇大橋地区
H=4.2m 

関連ページはこちら