株式会社共生 > 商品一覧 > スーパーレクサ

スーパーレクサ

スーパーレクサ(SLXR)

概要

スーパーレクサ アンカー式鋼製補強土壁

スーパーレクサは、壁面材にエキスパンドメタルL型ユニット、水平補強材にねじ節鉄筋、アンカー材に山形鋼を使用した支圧アンカー式補強土壁です。
低擁壁から高擁壁まで対応でき、道路路肩、護岸、造成地などの土留め擁壁として利用できます。

  S-LXR擁壁H600-5

特長

  • 低擁壁から高擁壁まで対応可能です。
  • 部材は軽量で、壁面材の組立てや補強材の敷設が簡単です。
  • 水平補強材に安価な一般鋼材を使用しているため、高擁壁領域においては、他の補強土壁工法を寄せつけない経済性となっています。
  • 転落防止柵取付け機能が具備されていますので、容易に転落防止柵が設置でき、工事中の安全が確保できます。

施工手順

(1)基礎底面確認、壁面材組立て  arrow01.gif (2)タイ材の取付け  arrow01.gif (3)背面アンカー材の設置
 1.基礎底面確認、壁面材組立て    2.タイ材の取付け    3.背面アンカー材の設置
基礎地盤の支持力に問題ないことの確認と、床掘り面の不陸調整した後、吸い出し防止材(植生マット)と斜タイ材を取り付けた壁面ユニットを設置します。   壁面材底面にタイ材連結金具を取付け、敷設したタイ材をロックナットで連結します。   背面アンカー材を水平に整地された所定の位置に設置し、ロックナットで固定します。
 
(4)土のまき出し・締固め  arrow01.gif (5)完成    
 4.土のまき出し、締固め    5.完成    
壁面ユニットあたり2層転圧(1層仕上がり厚30㎝)とし、中詰土の投入・まき出し・敷き均し、転圧を行います。転落防止柵を盛替えながら、壁面ユニットの設置、タイ材の敷設および中詰めを交互に繰り返して擁壁の天端まで仕上げます。        
 
 
 

比較工法(商品)

多数アンカー、テールアルメ、ジオテキスタイル補強土擁壁

スーパーレクサ 施工事例

胆沢ダム事務所 付替国道石渕地区   和歌山工事事務所 京奈和自動車道路側擁壁   最上総合支庁 戸沢大蔵線災害復旧工事
国土交通省 胆沢ダム工事事務所
付替国道石渕地区改良工事
H=13.8m,L=95.0m
  国土交通省 和歌山工事事務所
京奈和自動車道路側擁壁
H=8.4m,L=70.0m
  山形県 最上総合支庁
戸沢大蔵線災害復旧工事
H=7.2m,L=23.0m 
         
富士川町 ヘリポート造成工事   京丹後市 林道災害復旧事業太鼓山線   雲南市 林道高瀬線
山梨県 富士川町
ヘリポート造成工事
H=17.2m,L=53.0m
  京都府 京丹後市
林道災害復旧事業太鼓山線
H=9.6m,L=27.0m
  島根県 雲南市
林道高瀬線
H=10.8m,L=49.0m 

CONTACT

こんなお悩み・ご質問ございませんか?お気軽にまずはご相談下さい。

中詰土が悪くて締固めが難しい時の対処方法はありますか?

セメント等で改良する方法など、土の性状によっていろいろと対処できます。

基礎地盤の変形に追随できる擁壁はありますか?

地盤条件に適応した工法をご提案致します。

狭い進入路しかない現場なのですが施工できますか?

部材がコンパクトで資材運搬量も少ないので、狭い進入路でも施工できます。

防災調節池ダムのコスト縮減と工期短縮を図る工法はありますか?

コンクリートダムに比べてコスト縮減と工期短縮が図れる工法があります。

お問い合わせ03-3354-2554
本社TEL 受付時間 8:50~17:20(土日祝休)