HOME > 商品一覧 > バンブー補強土壁

バンブー補強土壁

バンブー補強土壁

構造

バンブー補強土


バンブー補強土壁は、鋼製壁面材と盛土内に
配置した竹補強材をボルトで連結し、盛土構造
物を構築する摩擦抵抗式補強土壁工法です。
補強材には燻煙熱処理※)した割竹を使用して
います。

道路や敷地造成などの盛土の急斜面を支える
擁壁として、片盛土、両面盛土、のり留め等
に用いることができます。
使用壁高は概ね6mまでとなります。

壁面工には、植生マットを取付けた緑化鋼製壁面
工と竹植栽ポット兼用壁面工の2タイプがあります。

 
バンブー補強土

特長

  • 循環資源である竹材を、補強材と壁面材に使うことで環境に配慮しています。
  • 地場産の竹材を使うことで、コスト縮減が出来ます。
  • 竹材は耐久性を持たせるため、燻煙熱処理加工を施しています。
  • 土木構造物へ構造材料として竹材を活用することで、放置竹林の整備促進を図ることができます。

施工手順

壁面ユニットの組立て・設置   植栽  arrow01.gif 補強材の取付け
 1.壁面ユニットの組立て・設置    竹植栽ポット壁面工    2.補強座の取付け
吸出し防止マット(植生マット)をエキスパンドメタルL型ユニットに取り付け、斜タイ材、腹起し材を通して連結する。   植栽ポット兼用の場合は、丸竹を壁面L型ユニットに取付け、ポット内に土を中詰めする。   壁面材底面に竹補強材をボルト連結する。
 
中詰材の投入・敷均し  arrow01.gif 締固め  arrow01.gif 完成  
 3.中詰材の投入・敷均し    4.締固め    5.1~4を繰返し完成
勾配と通りを確認後、中詰材の投入・敷均しをします。   壁面材・タイ材設置および中詰工を繰り返し、所定の高さまで仕上げます。   1層の仕上がり厚が30㎝となるように締固める。締固めは振動ローラで行い、壁面際50㎝程度はランマーを使って行う。
 



比較工法(商品)

ジオテキスタイル工(6m以下)

バンブー補強土 施工事例

高知県 民間工事        
高知県 民間工事        
         
 

関連ページはこちら