HOME > 工法一覧 > 治山谷止工・床固工

治山谷止工・床固工

治山谷止工・床固工

概要

治山谷止工・床固工
 

治山谷止工は、渓床の縦侵食及び横侵食を防止して、渓床の安定、山脚の固定及び土砂の流出を
抑止・調整することを目的としています。
床固工は、渓床勾配を緩やかにして、縦侵食を防止して、渓床を安定させることを目的としています。
これらの治山施設に現地発生土を有効利用したダブルウォールダムやセルダムが多く採用されています。

コンクリートダムのようなリフト毎の養生が不要で連続的に施工できるため、通常の治山工事はもとより、
短期施工が望まれる災害等の緊急工事にも適した工法です。
実際に、緊急治山対策として、平成16年の新潟県中越地震をはじめ、平成27年台風18号による災害復旧
にも採用され、その施工性から工期短縮やコスト縮減に有効であることが実証されています。

壁面材には、鋼矢板、エキスパンドメタル、間伐材などのバリエーションがあります。

 
 
 

施工事例

三重森林管理署 妙婦谷第4号谷止工   上越森林管理署 火打山川谷止工   中北林務環境事務所
近畿中国森林管理局 
三重森林管理署
妙婦谷第4号谷止工
H=8.5m,L=59.6m
  関東森林管理局
上越森林管理署
火打山川谷止工
H=7.5m,L=46.8m
  山梨県
中北林務環境事務所
ドンドコ沢治山工事
H=12.5m,L=41.7m 
         
日高北部森林管理署 墓地の沢   四日市農林事務所 南河内谷止工No.1   三八上北森林管理署 左又沢治山谷止工
北海道森林管理局
日高北部森林管理署
墓地の沢災害関連緊急事業
H=6.5m,L=29.0m
  三重県
四日市農林事務所
南河内谷止工No.1
H=6.0m,L=40.2m
  東北森林管理局
三八上北森林管理署
左又沢治山谷止工
H=10.0m,L=17.6m 
 
 詳しくは災害復旧事例集をご覧ください ⇒ ダウンロードはこちら

治山谷止工・床固工におけるKYOSEI 商品

Newギャビオン(New GBN)
 
ダブルウォール(DW)
 
INSEMダブルウォール(INSEM-DW)
   
Newギャビオン(New GBN)   ダブルウォール 現地発生土を有効活用した鋼製砂防堰堤   ダブルウォールと低強度INSEMの複合型式  
             
>> Newギャビオン(New GBN)の詳細をみる   >> ダブルウォール(DW)の詳細をみる   >>  INSEMダブルウォール(INSEM-DW)の
詳細をみる
 
セル(CELL)
       
直線鋼矢板セグメントのセルダム    
直線鋼矢板セグメントのセルダム    
>> セル(CELL)の詳細をみる