HOME > 商品一覧 > ダブルウォール

ダブルウォール

ダブルウォール(DW)

構造

ダブルウォール 現地発生土を有効活用した鋼製砂防えん堤


ダブルウォールは、上下流面を構成する壁面材を
多段のタイ材で連結した中に、現地発生土砂等を
そのまま中詰めした構造で、いわゆる「外部拘束
(External Confinement)」タイプの補強土工法です。

ダブルウォールは目的・機能に合わせた多様な
壁面バリエーションとともに、INSEM材の使用や
鋼矢板打ち込み併用による掘削ミニマムの実現
など、現場条件に対応した様々な設計が可能です。

 
スーパーセル

特長

  • ダブルウォール構造は、外部拘束補強のためほとんどの現地発生土をそのまま中詰材として使用することができます。よって、残土処理は不要です。
  • コンクリート工事のような養生が不要で、単純工程の繰り返しのため施工が早く、工期が短縮できます。
  • 壁体自体が実質上フィルダム的な構造で自在性があり、壁体を構成する部材も自在ジョイントや鋼矢板の嵌合のように自在性のある連結方法がとられているため、地盤の沈下に対する追随性に富んでいます。
  • 資材運搬量が少なく、残土処理も不要なため、大型車両の通行による地元住民への負担を軽減できます (コンクリート堰堤の約1/10)。
  • 使用鋼材量が少なく、現地発生土をそのまま活用するため、コンクリート堰堤や枠工類と比べて経済的です。

施工手順

DW壁面材の設置  arrow01.gif DW中詰土の投入・まき出し・締固め  arrow01.gif DWタイ材の設置
 1.壁面材の設置    2.中詰土の投入・敷均し・締固め    3.タイ材の設置
床掘・整地のあと、均しコンクリートを打設し、1段目の壁面材を設置します。   バックホウ等によって中詰材を投入し、仕上がり厚30㎝となるようにブルドーザで敷均し、振動ローラで転圧します。   中詰土の上にタイ材を配置し連結金具を介して壁面材と連結します。
 
DW壁面材・タイ材設置と中詰工繰り返し  arrow01.gif DW完成    
 4.施工手順1~3の繰り返し    5.完成    
壁面材・タイ材設置および中詰工を繰り返し、所定の高さまで仕上げます。   壁面材の天端に堤冠材を取付け、コンクリート、芝張り等で天端処理を行い完成です。    
 



比較工法(商品)

コンクリート堰堤

ダブルウォール 施工事例

再生可能エネルギー事業バナー
ダブルウォールは、再生可能エネルギー事業にも活用されています。 →詳細はこちら


福島県 カニ沢砂防堰堤   倉吉河川国道事務所 下畑砂防堰堤   中丹広域振興局 古和木谷止工
福島県 県南建設事務所
カニ沢砂防堰堤
H=7.5m,L=109.4
  国土交通省 倉吉河川国道事務所
下畑砂防堰堤
H=11.0m,L=61.2m
  京都府 中丹広域振興局
古和木谷止工
H=14.5m,L=66.8m 
         
八頭総合事務所 若錆谷川砂防堰堤   三峰総合工事事務所 美和ダム文派堰   諏訪建設事務所 小田井沢3号砂防堰堤
鳥取県 八頭総合事務所
若錆谷川砂防堰堤
H=7.0m,L=26.0m
  国土交通省 三峰川総合工事事務所
美和ダム分派堰トラップ堰
H=13.5m,L=116.0m
  長野県 諏訪建設事務所
小田井沢3号砂防堰堤
H=12.0m,L=112.8m 
 

関連ページはこちら