株式会社共生 > 商品一覧 > VCCO型応急対策工

VCCO型応急対策工

VCCO型応急対策工

構造

応急対策工
新技術情報提供システム(NETIS)登録 KT-190075-A

VCCO(Vertical Column Cantilever Open Dam)型※1応急対策工は災害発生後の渓床内や斜面に残存
する礫・土砂の流出による二次災害を防ぐための
応急対策工法です。

並列に配置したコンクリート充填角形鋼管(CFT)と、それを支える底版コンクリートからなり、鋼管柱は
脱着して転用することが可能です。
また、緊急対策事業の堰堤としてそのまま恒久利用することもできます。

応急対策は、速やかに、かつ的確に施工されることが求められています。流通性の高い材料を使用し、短期間で現地搬入が可能で、鋼材組立が容易なことから、工期を大幅に短縮できます。


※1 VCCO型はNETIS登録技術
「Zスリット型堰堤工法 KT-190075-A」の商品名です。

okyuu_02.jpg

特長

  • 鋼管柱を並列に配置したシンプルな構造ですが、CFT構造としたことで土石流の衝撃力・巨礫の衝突に対しても粘り強く抵抗し安定を保持します。
  • 鋼管柱の建て込み、鋼材組立が容易なことから工期が大幅に短縮できます。
  • 流通性の高い角形鋼管を使用し、鋼材加工度を大幅に減らすことで、段違いのコスト安を実現しています。
  • 資材調達が容易なことから基本的に備蓄する必要はありませんが、鋼管柱を脱着できる機能を有することから、これを取外して備蓄しておき転用することも可能です。
  • エキスパンドメタルを付設することによって、さらに細かい土石の流下を阻止することができます。

施工手順

底版コンクリート(1次)打設  arrow01.gif 底面通し材・基礎鞘管の設置  arrow01.gif 底版コンクリート(2次)打設
 1.底版コンクリート(1次)打設    2.底面通し材・基礎鞘管の設置    3.底版コンクリート(2次)打設
基礎鞘管の設置基面まで、底版コンクリートを打設します。   底面通し材を底版コンクリートに固定し、高さ・間隔・鉛直度を調整しながら基礎鞘管を設置します。   基礎鞘管の内部にコンクリートが入らないよう、底版コンクリートを打設します。
 
鋼管柱の建込み  arrow01.gif 鋼管柱内部コンクリート打設  arrow01.gif VCCO型応急対策工 完成
 4.鋼管柱の建込み    5.鋼管柱内部コンクリート打設    6.完成
鋼管柱を基礎鞘管に建て込みます。   鋼管柱内へコンクリートを打ち込み、空隙がないようバイブレーターを使用し鋼管柱天端まで打設します。   全ての鋼管柱にコンクリートを打設して完成です。
 

比較工法(商品)

強靭ワイヤーネット工 など

VCCO型応急対策工 施工事例

長野 見切沢   長野 栗山沢   四国山地砂防 荒神谷
長野県 上田建設事務所
見切沢
H=2.0m,20連
  長野県 上田建設事務所
栗山沢
H=2.0m,16連
  国土交通省 四国山地砂防事務所
荒神谷
H=4.5m,15連 
         
岩手 卒郡の沢2        
岩手県 岩泉土木センター
卒郡の沢2
H=2.0m,上流7連,下流18連
       
         

関連ページはこちら

CONTACT

こんなお悩み・ご質問ございませんか?お気軽にまずはご相談下さい。

中詰土が悪くて締固めが難しい時の対処方法はありますか?

セメント等で改良する方法など、土の性状によっていろいろと対処できます。

基礎地盤の変形に追随できる擁壁はありますか?

地盤条件に適応した工法をご提案致します。

狭い進入路しかない現場なのですが施工できますか?

部材がコンパクトで資材運搬量も少ないので、狭い進入路でも施工できます。

防災調節池ダムのコスト縮減と工期短縮を図る工法はありますか?

コンクリートダムに比べてコスト縮減と工期短縮が図れる工法があります。

お問い合わせ03-3354-2554
本社TEL 受付時間 8:50~17:20(土日祝休)