株式会社共生 > 工法一覧 > 残存型枠工

残存型枠工

残存型枠工

概要

残存型枠工
 

コンクリート堰堤の施工型枠をそのまま堰堤表面部に残置するフォームレス工法で、設計施工の合理化を目的としています。
共生残存型枠には、間伐材、嵌合式U形鋼板、コンクリートブロックなどのバリエーションがあります。

残存型枠工におけるKYOSEI 商品

SSSフォームレス(SSSF)
 
間伐フォームレス(間伐F)
 
間伐林立フォームレス(林立F)
スリーエスフォームレス(SSSF)   間伐フォームレス   間伐林立フォームレス
嵌合式U形鋼板セグメントを使用した残置型枠   間伐材残置型枠   間伐材を縦に配置した残置型枠
>> SSSフォームレス(SSSF)の詳細をみる   >> 間伐フォームレス(間伐F)の詳細をみる   >> 林立フォームレス(林立F)の詳細をみる
 
竹林立フォームレス工法
 
アントラー転生型枠
   
竹林立フォームレス   アントラー転生型枠    
循環資源である竹を最大限に有効活用した残存型枠   アントラ—ブロックを転生させた残置型枠    
>> 林立フォームレスの詳細をみる   >> アントラ—転生型枠の詳細をみる