株式会社共生 > 商品一覧 > 間伐フォームレス

間伐フォームレス

間伐フォームレス(間伐F)

概要

間伐フォームレス 間伐材残置型枠

間伐フォームレスは、間伐材をコンクリート打設の際のせき板とすると共に、堰堤や擁壁のコンクリート躯体の木調壁面材として残置させる型枠工法です。間伐材は、現地発生の皮付き丸太材から円柱・太鼓落し半割等の加工材まで幅広く利用することが出来ます。

  間伐フォームレス

特長

  • 間伐材を軽量の形鋼にクランク座金とコーチスクリューを用いて取付けた残存型枠です。
  • 間伐材は、現場発生材から加工材まで幅広く使用することができます。
  • 間伐材も鋼材も簡単に組み立てられ、重機も熟練工も必要としません
  • 間伐材の取付け作業はすべて内側から行うことができます。その際、先行する縦材が転落防止の安全柵として役目を果たします。
  • 間伐材を縦置きに配置することもできます。

施工手順

(1)縦材の設置  arrow01.gif (2)タイ材の溶接  arrow01.gif (3)間伐材の取付
 1.縦材の設置    2.タイ材の溶接    3.間伐材の取付け
縦材の固定用のアンカーと基礎アンカーを設置します。リフト高および壁面勾配に合わせて工場製作された縦材(リップCH-100×50×20×3.2)を1.0m間隔で設置します   タイ材(D13)を縦材と基礎アンカーに溶接します。   コーチスクリューとクランク座金で間伐材を縦材前面に取り付けます。縦材前面に間伐材を置き、クランク座金を間伐材中心位置で縦材リップに引っ掛け、インパクトレンチでコーチスクリューを間伐材にねじ込んで固定します。
 
(4)コンクリート打設  arrow01.gif (5)完成    
 4.コンクリート打設    5.完成    
間伐材同士の隙間などからコンクリートが漏れないように間伐材の背面に沿わせてコンクリート漏れ防止材(ターポリン紙)を貼り付けます。   型枠材の設置、コンクリート打設を天端まで繰り返し、完成です。    
 
 

間伐フォームレス 施工事例

三重県 予防治山事業   岐阜森林管理署 大河原谷止工   飛騨森林管理署 阿多野郷復旧治山工事
 三重県
奥久谷谷止工
(丸太材)
   岐阜森林管理署
大河原谷止工
(丸太材)
  飛騨森林管理署
阿多野郷治山工事
(太鼓落し材) 
         
奈良県 大又麦谷   北海道 パンケホロカンベ   新潟 南魚沼 
 奈良県
大又麦谷谷止工
(半割材)
   胆振東部森林管理署
パンケホロカンベ沢
(三面落し材)
   南魚沼地域振興局
第14号谷止工
(平割材)
         

関連ページはこちら

CONTACT

こんなお悩み・ご質問ございませんか?お気軽にまずはご相談下さい。

中詰土が悪くて締固めが難しい時の対処方法はありますか?

セメント等で改良する方法など、土の性状によっていろいろと対処できます。

基礎地盤の変形に追随できる擁壁はありますか?

地盤条件に適応した工法をご提案致します。

狭い進入路しかない現場なのですが施工できますか?

部材がコンパクトで資材運搬量も少ないので、狭い進入路でも施工できます。

防災調節池ダムのコスト縮減と工期短縮を図る工法はありますか?

コンクリートダムに比べてコスト縮減と工期短縮が図れる工法があります。

お問い合わせ03-3354-2554
本社TEL 受付時間 8:50~17:20(土日祝休)