HOME > 工法一覧 > 土捨場・落差工

土捨場・落差工

土捨場・落差工

概要

土捨場・落差工
 

日本の国土は山岳地が多く、道路や鉄道のトンネル工事などにより、建設残土が大量に発生します。その処理に必要となるのが土捨場です。土捨場は、運搬の容易さ、公害の抑制、工事の進捗などの観点から、山間地の渓流に捨土する計画が多くなります。
渓間捨土(盛土)の流路付替工法として、盛土端部の地山を掘削した側水路形式と盛土中央水路形式があります。前者は水路敷の確保、掘削、法面対策が必要となりますが、後者はそれらが不要で盛土沈下対策を考慮した鋼製流路の施工法を採用することで、合理的かつ経済的な工法となります。

当社は、このような土捨場において多くの実績と経験を積んでおりますので、合理的かつ経済的な工法をご提案できます。

 

流路付替工法の特長

盛土中央水路形式は、約30年前の九州自動車道建設の際、発生した掘削残土を砂防指定地内の渓間捨土するために、砂防地すべり技術センター監修のもとで採用されました。

付替流路の工事順序として、1期工事は、施工時の排水対策と盛土沈下に追随可能である鋼製落差工を構築、2期工事は、盛土沈下の収束後にコンクリート被覆した2段階施工法としています。

鋼製落差工は、技術センターと共生機構㈱が共同開発した多段式ダブルウォール工法で、中詰め材に捨土を活用して合理化を図っています。最近はダム建設の残土処理場にも採用されています。

コンクリート被覆以外に、中詰め材に栗石を用いて景観に配慮した鋼製流路工も施工されています。

流路工の落差工平面形状は、逆ハ形状(逆台形断面)と直線形状(矩形断面)があります。

前者は落差工の落水が傾斜護岸工に衝突しないように護岸を後退させたもので、流水のせり上がりと施工の煩雑さが指摘されています。後者は補強土系直立鋼製護岸を採用することにより、せり上がりをなくし、水路敷占有面積が小さく、建設コストの縮減、設計施工の合理化が図れます。

 

 
 
 
土捨場着手状況

【土捨場着手状況】

 
 
土捨場完成

【完成】



 
流路工

 

 
 arrow01.gif
流路工完成

【流路工】
沈下に対応できるようエキスパンドメタルによる護岸を施工。
沈下収束を待ち、張りコンクリートの2段階施工

 

※出典(写真):
「急峻V字谷に挑む-九州自動車道八代~人吉間建設記録」
日本道路公団福岡建設局

 
 
 

施工事例

落差工(DW/LEX) 完成直後  arrow01.gif 落差工(DW/LEX)2016年撮影(熊本地震後の様子)01   落差工(DW/LEX)2016年撮影(熊本地震後の様子)02

【落差工(DW/LEX) 完成直後】

沈下収束を待ち、張りコンクリートの2段階施工

  【2016年撮影(熊本地震後の様子)】

沈下収束後にコンクリート被覆した2段階施工方法と景観に配慮した石詰め構造形式があります。
       
ダム土捨場2段階施工   矩形断面水路の事例   矩形断面水路の事例

【ダム土捨場2段階施工(DW/BLN)】

 
  【矩形断面水路の事例(GBN)】    【矩形断面水路の事例(DW)】
   
自動車道土捨場落差工   土捨場中間ダム  

【自動車道土捨場落差工(DW)】

  【土捨場中間ダム(EDW)】  
 
   

土捨場・落差工におけるKYOSEI商品

ダブルウォール(DW)
 
INSEMダブルウォール(INSEM-DW)
 
ブロック・ノン(BLN)
ダブルウォール 現地発生土を有効活用した鋼製砂防堰堤   INSEMダブルウォール   ブロック・ノン(BLN)        
>> ダブルウォール(DW)の詳細をみる   >> INSEMダブルウォール(INSEM-DW)の
詳細をみる
  >> ブロック・ノン(BLN)の詳細をみる
 
Newギャビオン(New GBN)
 
マットギャビオン(MGN)
Newギャビオン   マットギャビオン(MGBN)
>> Newギャビオン(New GBN)の詳細をみる   >> マットギャビオン(MGBN)の
詳細をみる