治山谷止工・床固工

HOME > 工法一覧 > 治山谷止工・床固工

治山谷止工・床固工

概要

治山谷止工・床固工
 

治山谷止工は、渓床の縦侵食及び横侵食を防止して、渓床の安定、山脚の固定及び土砂の流出を抑止・調整することを目的としています。 床固工は、渓床勾配を緩やかにして、縦侵食を防止して、渓床を安定させることを目的としています。

これらの治山施設に現地発生土を有効利用したダブルウォール堰堤が適用できます。
壁面材には、軽量鋼矢板、エキスパンドメタル、間伐材などのバリエーションがあります。

 
 
 

治山谷止工・床固工におけるKYOSEI 商品

Newギャビオン(New GBN)
 
ダブルウォール(DW)
 
INSEMダブルウォール(INSEM-DW)
 
Newギャビオン(New GBN)   現地発生土を有効活用した鋼製砂防堰堤   ダブルウォールと低強度INSEMの複合型式  
  現地発生土を有効活用した鋼製砂防堰堤   ダブルウォールと低強度INSEMの複合型式    
>> Newギャビオン(New GBN)の詳細をみる   >> ダブルウォール(DW)の詳細をみる   >>  INSEMダブルウォール(INSEM-DW)の
詳細をみる
 

PAGETOP