HOME > 課題解決事例

課題解決事例

課題解決事例

事例一覧

不透過型から透過型へ変身できる砂防堰堤

災害直後の細粒土砂の供給が多く下流河川の土砂堆積に著しく影響を与えるような渓流では、砂防堰堤はまず不透過構造で整備しておき、出水前の流出土砂量に戻ったときに透過構造に変更したいという要望があります。

自然環境に配慮し壁面緑化したINSEM-ダブルウォール堰堤

国立公園内に構築された大山三の沢INSEM-ダブルウォール砂防堰堤では、大山周辺の景観や環境との調和を意識した構造物の設置が課題でした。

既設堰堤への流木捕捉工設置

これまで既設堰堤に流木捕捉工を設ける場合には、水通し天端を切欠くか、あるいは袖を嵩上げして設置する方法がとられています。しかし、これらの方法では既設堰堤に手を加えなければならないため、大がかりな工事になり、工期やコスト面での課題が残ります。