株式会社共生 > 商品一覧 > 間伐林立フォームレス

間伐林立フォームレス

林立フォームレス(林立F)

概要

間伐林立フォームレス

林立フォームレスは、間伐材や竹材を縦に間隔をあけて配置し、コンクリート打設の際のせき板とするとともに、堰堤や擁壁のコンクリート躯体の壁面材として残置させる型枠工法です。間伐材は現地発生の皮付き丸太から円柱、太鼓落とし、半割の加工木材、竹材は丸竹、半割れ材と様々なバリエーションで幅広く利用することが出来ます。   連子格子風の景観、そして組立てや品質管理のし易さなど好評を博しており、これまでの横置き配置のフォームレスに代わって採用が増えてきております。

  間伐林立フォームレス

特長

  • 長さ2mの間伐材又は竹材を千鳥状に配置することで、先行する間伐材が転落防止の安全柵の役目も兼ねます。
  • 間伐材・竹材はタテ置きのため、曲線に合わせて設置することが容易です。
  • 型枠の組立はすべて内側からの作業が可能です。
  • コンクリート漏れ防止材には、透水性・強さのある布製型枠シートを採用。これにより余剰水のみが排出され、コンクリートの品質向上と品質確認が図れます。
  • 上流面間伐材・竹材の緩衝効果で礫衝撃力を大幅に低減できます。
  • 間伐材は皮付き丸太・太鼓落とし・半割など、竹材は丸太あるいは半割れ材と様々なバリエーションで使用できます。また、必要に応じて間伐材の取替えも可能です。

施工手順 (間伐林立フォームレスの場合)

(1)縦支保材の設置とタイ材の溶接  arrow01.gif (2)横梁材と間伐材の設置  arrow01.gif (3)タイ材の設置とコンクリート漏れ防止材の貼付
 1.縦支保材の設置とタイ材の溶接    2.横梁材と間伐材の設置    3.タイ材の設置とコンクリート漏れ防止材の貼付け
縦支保材の固定用アンカーと基礎アンカーを設置します。所定の長さで製作された縦支保材(山形鋼L-50×50×4)を3.0m間隔となるよう設置し、タイ材(D13)を縦支保材と基礎アンカーに溶接します   横梁材(リップCH-100×50×20×3.2)を縦支保材に溶接し、長さの異なる間伐材を所定の間隔をあけて千鳥に建て込み、コーチスクリューと座金で横梁材に固定します。   所定の設置間隔にてタイ材(D13)を横梁材と基礎アンカーに溶接し、間伐材の背面に沿わせて、透水性に優れたコンクリート漏れ防止材(パブリックシート)を貼付します。
 
(4)コンクリート打設  arrow01.gif (5)完成    
 4.コンクリート打設    5.完成    
コンクリートが型枠内のすみずみまで行きわたるように、壁面際までしっかり締固めます。   壁面材の設置、コンクリート打設を天端まで繰り返し、完成です。    
 

間伐林立フォームレス 施工事例

宗谷森林管理署 ウロンナイ川   会津森林管理署 小冷水   伊万里農林事務所 広瀬山
 宗谷森林管理署
ウロンナイ川治山工事
   会津森林管理署
小冷水沢復旧治山工事
  佐賀県 伊万里農林事務所
広瀬山治山工事 
         
吾妻森林管理署 上沢渡   日高森林管理署 三国沢   磐城森林管理署 貝屋川
 吾妻森林管理署
上沢渡林道落石防護柵工
   日高北部森林管理署
三国沢災害関連緊急事業
   磐城森林管理署
貝屋川復旧治山工事
         

関連ページはこちら

CONTACT

こんなお悩み・ご質問ございませんか?お気軽にまずはご相談下さい。

中詰土が悪くて締固めが難しい時の対処方法はありますか?

セメント等で改良する方法など、土の性状によっていろいろと対処できます。

基礎地盤の変形に追随できる擁壁はありますか?

地盤条件に適応した工法をご提案致します。

狭い進入路しかない現場なのですが施工できますか?

部材がコンパクトで資材運搬量も少ないので、狭い進入路でも施工できます。

防災調節池ダムのコスト縮減と工期短縮を図る工法はありますか?

コンクリートダムに比べてコスト縮減と工期短縮が図れる工法があります。

お問い合わせ03-3354-2554
本社TEL 受付時間 8:50~17:20(土日祝休)