HOME > 商品一覧 > Newギャビオン

Newギャビオン

Newギャビオン(New GBN)

構造

Newギャビオン

Newギャビオンは単体ユニットを段階的に積み上げてゆく形ではなく、単一勾配でしかも構造的に一体とみなせる擁壁構造体です。

メッシュにエキスバンドメタルを使用していますので、従来の大きな弱点であった鉄線などの部分破断からの崩壊がなく、流況の激しい河川上中流域でも適用できます。

適用範囲が広く、護岸・湧水のある箇所の土留・谷止工・地山が(災害等で)不安定な箇所などでお役に立つことができます。

  GBN透視図

特長

  • 壁面材は一枚板をプレス加工したエキスバンドを使用。
  • 単一勾配の一体化構造物。
  • 溶融亜鉛メッキが施され、耐用年数は実用上半永久的。
  • 強い衝撃にも破断することなく自身が凹んで吸収できる高い耐久性と柔軟性。
  • 部材の加工を極力減らしたことで、経済性に優れる。

施工手順

(1)吸出し防止材敷設、底面材L型ユニットの組立て  arrow01.gif (2)端部板・隔壁材・前後壁材の取付け  arrow01.gif (3)中詰材の投入と組立ての繰り返し
 1.吸出し防止材敷設、底面材L型ユニットの組立て    2.端部板・隔壁材・前後壁材の取付け    3.中詰材の投入と組立ての繰り返し
土砂面と接する底面及び背面に吸出し防止材を敷設します。前後のL型ユニットをコイルで連結します。   前壁材、後壁材を底面L型ユニットと連結し、隔壁材と一緒にコイルで連結します。そこへ連結パイプで固定し、連結パイプの中に連結棒を差込み、土中50㎝程度打込みます。   最下段枠材の組立てを完成した後、栗石を投入します。隔壁材・前後壁材の取付けおよび中詰材の投入を交互に繰り返し擁壁の天端まで仕上げます。
 
(4)天端蓋材の取付け  arrow01.gif (5)完成    
 4.天端蓋材の取付け    5.完成    
隣り合う天端蓋材同士は、一目重ねます。前壁材と天端蓋材は横用コイルで連結し、後壁材と天端蓋材はワイヤークリップで固定します。        
 
 
 

比較工法(商品)

かごマット、かご枠、ふとん籠、蛇かご、ブロック積み など

Newギャビオン 施工事例

Newギャビオン(New GBN)は、再生可能エネルギー事業にも活用されています。 →詳細はこちら

 
Newギャビオン   Newギャビオン   Newギャビオン   Newギャビオン
 
Newギャビオン   Newギャビオン   Newギャビオン   Newギャビオン
 
Newギャビオン