HOME > 商品一覧 > CBBO型砂防堰堤

CBBO型砂防堰堤

CBBO型砂防堰堤

CBBO型砂防堰堤(CBBO型・HBBO+型)の構造

透過型砂防えん堤

【建設技術審査証明】 第 0703 号

CBBO(Cross Beam Buttress Open Dam)型砂防堰堤は、土石流捕捉のための機能部材として縦横にクロス
させる形で配した着脱可能な鋼管ビームと、それを支える構造部材である鋼殻をまとったコンクリート扶璧
からなる閉塞型の透過型堰堤です。

機能部材と扶壁構造体は、扶壁の前面で直接支承させる仕組みで連結一体化しています。これによって
機能部材で扶壁と天端ストラット構造体の全域をカバーできる形になり、土石流衝撃力が大幅に軽減され、結果としてリダンダンシーの高い構造システムが実現されています。

HBBO+(Horizontal Beam Buttress Open Dam plus)型は、新たな透過部断面の設定方法を採用することに
よって、一連の設計施工の合理化を図ったCBBO型の改良タイプです。透過部断面は最下段を除いてそれ
より上部の縦部材をすべて割愛し、その代わり横ビームを鉛直間隔がD95×0.75以下となるように配置する
ことによって、CBBO型と同等の土石流捕捉機能を確保できます。HBBO+型の構造部材や結合システムは
CBBO型と同じです。

CBBO型
CBBO型
  HBBO+型
HBBO+型

CBBO型砂防堰堤(CBBO型・HBBO+型)の特長

  • 機能部材と構造部材の役割に明確な一線を画し、前者の背後に後者をおくことによって、後者に対する土石流の直撃を防ぎ、その衝撃力を大幅に軽減していること。
  • 設計条件が大きく上まわる巨石が越流して構造部材の背面に落下直撃しても、鋼殻コンクリートの マルチバットレスは、鋼管オンリーの中空鋼管骨組み構造よりも数段にリダンダンシーが優れる ことは明白です。
  • 機能・構造両部材に鋼管フランジ継手や溶接など一切用いず、直線鋼矢板の嵌合継手を活用することによって、設計施工の便宜を図るとともに、機能部材の着脱・交換を容易にしていること。
  • それによる派生効果として、機能部材の主役を演ずる横ビーム鋼管の加工を一切割愛できるようになり、衝突エネルギー吸収性能の増大を実現させていること。
  • 横ビームの土石流捕捉機能を補完する縦ビームを、前者の前面に重ね合わせる形で配置することによって、後者についてもまた前者におけると同様に、格子節点部における加工を無用としていること。
  • 構造部材の中核を占める扶壁構造体は、コンクリートを併用した合成鋼構造とし、高力ボルトや溶接等による接合手段を極力排除することによって設計施工の簡略化を図っていること。
  • HBBO+型は開口部最下段より上部の縦ビームの建込み設置作業がなくなり、横ビームオンリーの単一作業に置換えられるので、一連の設計施工の合理化を図ることができる。

HBBO+型に対する土石流捕捉機能の確認

水理模型実験を実施し、CBBO型と同等レベルの土石流捕捉機能を確認。

土石流捕捉機能_Before   土石流捕捉機能_afrer

施工手順

(1)基礎工  arrow01.gif (2)バットレス鋼殻材の組立  arrow01.gif (3)バットレス内部コンクリート打設
 1.基礎工    2.バットレス鋼殻材の組立て    3.バットレス内部コンクリート打設
補強鉄筋・アンカー鉄筋を設置して、バットレス鋼材下端まで、底版コンクリートを打設します。   上下流鋼殻材・側面鋼殻材を組立てます。   所定の高さまで鋼殻材を組立後、内部コンクリートを打設します。上面の補強鉄筋および縦ビーム挿入用の塩ビ管を設置後、底版コンクリートを打設します。
 
(5)ジョイントスペーサー・横ビーム設置  arrow01.gif (5)ジョイントスペーサー・横ビーム設置  arrow01.gif (6)縦ビーム設置・完成  
 4.天端ストラット架設    5.ジョイントスペーサー・横ビーム設置    6.縦ビーム設置・完成
バットレス天端付近までコンクリートを充填した後、天端接合鉄筋を取付け、天端ストラットを設置・固定します。   ジョイントスペーサーを挿入後、横ビーム材を据付ます。ジョイントスペーサー内に、単粒度砕石を投入します。   水平梁材の位置までジョイントスペーサー・横ビーム設置を繰り返し、縦ビーム材を据付ます。ジョイントスペーサーの天端に蓋材を設置して完成です。
 
 

施工手順を動画でご覧頂けます。

  この動画は 宮崎県 旭建設株式会社様 よりご提供頂いたものです。

*YouTubeがご覧になれない方はこちらから

CBBO型砂防堰堤 土石流捕捉事例

富山県砺波土木センター  /  前川砂防堰堤 (平成21年12月竣工)
  開口部高さHs=6.5m 開口部幅B=5.0m 最大礫径D95=0.8m

平成29年10月から11月にかけての2度の台風により大量の土砂が流出し CBBO型砂防
堰堤によって捕捉しました。

土砂はスリット天端まで堆砂、最大礫径は0.5~0.6m程度。 下流への被害はありません
でした。
CBBO堰堤および上流のスリット堰堤に損傷はありません。

cbbo_32_b.jpg  cbbo_33_b.jpg




富山県砺波土木センター / 祖山出谷砂防堰堤 (平成26年11月竣工)

  開口部高さHs=7.5m 開口部幅B=6.0m 最大礫径D95=1.0m

表面で確認できるものだけでも礫径1.6mを含む土石流をCBBO型砂防堰堤によって捕捉
しました。

2014年に土石流を捕捉し除石していましたが、大量の土砂流出により満砂となっていました。
土砂がCBBO型砂防堰堤の天端を越流しましたが、下流への流出は限定的で被害は見受
けられませんでした。
CBBO堰堤に損傷はありません。

cbbo_34_b.jpg  cbbo_35_b.jpg


その他にも土石流捕捉事例がございます ⇒ 詳細はこちら  





          

動画 土石流捕捉後の機能部材脱着の様子

*YouTubeがご覧になれない方はこちらから

比較工法(商品)

格子形、T型、Jスリット など

CBBO型砂防えん堤 施工事例

栃木 下坪中沢   長野 千本木   富士砂防 千束第4
国土交通省 日光砂防事務所
下坪沢砂防堰堤
Hs=11.0m,B=10.0
  長野県 諏訪建設事務所
千本木川砂防堰堤
Hs=12.0m,B=15.0m
  国土交通省 富士砂防事務所
富士山千束第4堰堤
Hs=5.0m,B=18.0m 
         
CBBO型 三の沢   CBBO型 菅生谷第3   CBBO型 宮崎 五色谷川
国土交通省 日野川河川事務所
大山砂防三の沢砂防堰堤
Hs=8.0m,B=18.0m
  国土交通省 四国山地砂防事務所
菅生谷第3堰堤
Hs=9.6m,B=16.0m
  宮崎県日向土木事務所
五色谷川砂防堰堤
Hs=5.5m,B=17.0m 

HBBO+型砂防えん堤 施工事例

京都 シブラ谷   広島 桐原川   三重 里地谷2
京都府 中丹西土木事務所
シブラ谷川砂防堰堤
Hs=10.0m,B=14.0
  広島県 西部建設事務所
桐原川支川13
Hs=6.5m,B=5.0m
  三重県 熊野建設事務所
里地谷2号
Hs=2.0m,B=11.0m 
         
青森 後長根沢2   大阪 一の谷   CBBO型 宮崎 五色谷川
青森県 中南地域県民局
後長根沢2号火山砂防
Hs=2.0m,B=8.0m
  大阪府 八尾土木事務所
一の谷砂防堰堤
Hs=10.0m,B=6.0m
  福井県 敦賀土木事務所
滝ケ谷川砂防堰堤
Hs=5.0m,B=4.5m 

関連ページはこちら