中間技術再生研究所

株式会社共生 > 中間技術再生研究所 > 台風19号による浸水から40人の命を守った穂保高台避難公園

台風19号による浸水から40人の命を守った穂保高台避難公園

先の台風19号では、長野県千曲川の堤防が決壊し、
広い地域で浸水被害をもたらしました。
 そんな氾濫状況の中で、孤島のようになった高台公園が
40人の住民の命を守ったというニュースが紹介されています。
(11月8日の長野放送)

hoyasu_01.jpg
https://www.fnn.jp/posts/2019110800000006NBS

 その高台は、当社商品の補強土壁「ブロック・ノン」で
構築された盛土高6mの「穂保高台避難公園」です。

              完成当時の写真
hoyasu_03.jpg

              平 面 図
hoyasu_03.jpg

 浸水跡からすると、人の背丈よりも高いH=2. 5mあたり

まで水がきていたと推定され、それだけの浸水を受けても
安全な避難施設として役目を果たしたことがわかります。
 去年の4月に完成し、地域の皆さんの命を守るための
避難場所として
お役に立てたことはうれしく思います。

 被災地の 一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げますと
ともに、今後も様々な防災施設に適用していただけるよう

災害に強い擁壁構造物の開発に努めてまいります。