中間技術再生研究所

HOME > 中間技術再生研究所 > 道路橋示方書より

道路橋示方書より

鋼管部材からなる土木施設には、フランジ継手の使用が認められていないこと、
ご存知でしょうか。

furanji_01.jpg

道路橋示方書・同解説 Ⅱ鋼橋・鋼部材編 19.5鋼管の継手(p.481)
には鋼管と鋼管とを軸方向に連結する場合「原則としてフランジ継手を用いてはならない」と
明記されています。

furanji_02.jpg

 鋼管骨組構造の鋼製スリット堰堤に使われているのは、短締め形式と呼ばれているリブなし
フランジ継手で、継手面を有する2枚の板を高力ボルトで直接締め付けて接合する方法です。 
 
 この短締め形式は「てこの作用」といって、てこの反力の発生により継手強度がボルト自身の
強度と比較して小さくなるなど、継手の力学的性状に不明確な部分が多いうえに、エネルギー
吸収性能にも劣るといわれています。  

そのため土木分野では、道路橋示方書に明記されているように、作用する荷重が大きい主要部材
の接合に使う事を禁止しているわけです。  
 特にリブなしフランジ継手は、19.6.2フランジ継手(p.483)に明記されているように鋼管の継手とし
て一切認められていません。

furanji_03.jpg


印刷用PDFはこちら

 こちらもあわせてご覧下さい  「真実は語る」