中間技術再生研究所

株式会社共生 > 中間技術再生研究所 > 平成28年3月竣工の風祭第1砂防堰堤が土石流を捕捉

平成28年3月竣工の風祭第1砂防堰堤が土石流を捕捉

令和3年8月の豪雨により発生した土砂と流木を風祭第1砂防堰堤が捕捉しました。

土砂捕捉量は約20,000㎥、スリット天端まで堆砂しています。
下流の堆積工と合わせ約32,000㎥の土砂や流木を捕捉し、下流地区にある小学校、
公民館、一般家屋等への被害を未然に防止しました。

    完成時(平成29年上空より撮影)
    insem-dw_50.jpg

    土石流捕捉状況/下流側(令和3年9月撮影)
    cbbo_36.jpg

    土石流捕捉状況/上流側(令和3年9月撮影)
    cbbo_37.jpg

国土交通省 中部地方整備局富士砂防事務所/ 風祭第1砂防堰堤(平成28年3月竣工)
非 越 流 部 INSEM-ダブルウォール  L=186m H=10m 
透   過   部 CBBO型 高さHs=5.0m 開口部幅B=7.0m 最大礫径D95=0.8m
土砂捕捉による砂防堰堤の損傷はありません。

※この捕捉事例は富士砂防事務所のHPにも掲載されています。

INSEM-ダブルウォールのページはこちら 
CBBO型(HBBO型)のページはこちら