中間技術再生研究所

株式会社共生 > 中間技術再生研究所 > 逆T型CFT防護擁壁(VCCW) CFT防護柵の着脱試験を実施しました

逆T型CFT防護擁壁(VCCW) CFT防護柵の着脱試験を実施しました

長野県天龍村国道418号の緊急土砂災害対策工として設置した逆T型CFT防護擁壁(VCCW)が
令和3年3月に崩壊土砂を捕捉しました。(技術トピックス2021/03/26
CFT柱および部材の点検を兼ね、CFT防護柵の着脱試験を実施しました。

着脱の手順は以下のとおりです。
①エキスパンドメタル壁面材の取り外し
②支柱下部のモルタルキャップ除去
③支柱の引抜き・点検
④基礎鞘管内の砂の除去・点検
⑤支柱の建込みと砂充填・モルタルキャップ施工
⑥エキスパンドメタル壁面材の取り付け 

VCCW 支柱鉄筋取外し    VCCW エキスパンドメタル壁面材取外し
        ①-1 支持鉄筋取り外し                    ①-2 エキスパンドメタル壁面材取り外し

VCCW 支柱下部モルタルキャップ除去    VCCW 支柱の引抜き
     ②支柱下部モルタルキャップ除去                       ③-1 支柱の引抜き

VCCW 支柱の点検    VCCW 基礎鞘管内砂の除去・点検
          ③-2 支柱の点検                         ④基礎鞘管内の砂の除去・点検

VCCW 支柱の建込み    VCCW CFT防護柵の再設置完了
          ⑤支柱の建込み                        ⑥CFT防護柵の再設置完了

CFT柱および各部材とも破損・変形はなく、健全であることが確認できたため、
そのまま再設置しています。着脱の一連の作業は、3時間程度で完了しました。
このように、着脱が簡単に行えることは、
維持管理面において他工法にはない特長となっています。


商品リーフレットは資料ダウンロードにございます。
逆T型CFT並列防護擁壁(VCCW)のページはこちらです。