中間技術再生研究所

株式会社共生 > 中間技術再生研究所 > 逆T型CFT防護擁壁(VCCW) 供用中の仮設道路への被害を食い止める

逆T型CFT防護擁壁(VCCW) 供用中の仮設道路への被害を食い止める

長野県天龍村国道418号線の緊急土砂災害対策工として2月末に設置した
逆T型CFT防護擁壁(VCCW)が崩壊土砂を早速に捕捉しました。

vccw_10.jpg

令和3年3月21日に24時間雨量120mmという非常に激しい雨が降り
斜面より30cm以上の礫を含む土砂が流出しましたが、
完成して間もないVCCWが土砂を食い止め、共用している仮設道路への
被害を防止しました。

vccw_11.jpg

60cmを超える礫を含む崩壊土砂が天端に達するまで堆砂していましたが、
わずかに支柱に変位が見られた程度で損傷は一切認められませんでした。
堆積土砂は2日後に撤去され、次の災害への備えが完了しています。

vccw_12.jpg vccw_13.jpg


商品リーフレットは資料ダウンロードにございます。
逆T型CFT並列防護擁壁(VCCW)のページはこちらです。