株式会社共生 > 中間技術再生研究所

中間技術再生研究所

中間技術再生研究所について

中間技術再生研究所は、
商品開発のプロセスを読者の皆様と共有するページです。

 

中間技術再生研究所とは:
KYOSEIの3つのキーコンテンツ

《協働する組織》《ユーザ側購買代理店》《中間技術再生研究所》の一つ。
E・F・シュマッハー”Small is Beautiful”によれば
先進国に多い「資本集約的」かつ「大規模」なハイテクと、
発展途上国に多い「労働集約的」かつ「小規模」なローテクの中間の技術。

 

 

技術情報

堰堤

 

CFT構造の災害対策工
 
 
CFTスリット型堰堤   1.CFTスリット型堰堤の開発
  1.1 なぜ円形より角形
  1.2 CFT化のメリット




 
     
Zスリット
Zスリット   1.Zスリット鞘管継手の実証実験を実施
2.究極の透過型堰堤Zスリット型砂防堰堤
  2.1 エネルギー吸収能力の基本概念
  2.2 実証されたフランジ継手の脆弱さ
  2.3 透過型のあるべき構造
  2.4 異種分野の同種技術<鋼管単柱式構造>
  2.5 鋼管単柱式構造の機能・構造部材
  2.6 フランジ継手に代わるさや管継手
  2.7 究極の透過型砂防堰堤「Zスリット型堰堤」

擁壁

 

チサンウォール
 
 
chisan_w_17.jpg    チサンウォール 地産大型積ブロック補強土壁
  1.補強土壁導入時における掛け違い
  2.高速道路と寒冷地における変状事例
  3.大規模地震での被害の実態
  4.壁面工のあるべき構造
  5.次世代補強土の最適解
バンブーウォール
 
 
バンブー補強土壁   1.竹補強材の耐久性について
2.「竹害」問題の救世主「バンブーウォール」
3.竹補強材の連結部の強さについて
4.竹材の引抜試験結果のご報告
5.竹材の可能性を追い求めて

技術トピックス

 

2019年度砂防学会   2019.6.3
2019年度砂防学会研究会 岩手大会 現地研修会
  土砂災害・洪水対策現場として三田貝の沢(7)筋の
  SSSフォームレス工法を多くの方に見ていただくことが
  できました。
       
2019年度砂防学会   2019.5.30
2019年度砂防学会研究会に参加
  2019年度砂防学会研究発表会 岩手大会において
  口頭発表の機会を頂きました。
       
真実は語る   2019.5.24
信州花フェスタ2019に展示
 長野県で開催中の「信州花フェスタ2019」に
 バンブーウォールを使用した庭園が展示されています。
       
真実は語る   2018.12.25
真実は語る
 NHKスペシャル
 「戦艦武蔵の最後~映像解析知らざれる真実」より
       
道路橋示方書   2018.12.12
道路橋示方書より
 鋼管部材からなる土木施設にはフランジ継手の使用が
 認められていないこと、ご存知でしょうか。
       
インタープリベント2018富山   2018.10.15
インタープリベント2018富山に参加
 10月1日~4日にかけて、富山国際会議場で開催
 された国際防災学会「インタープリベント2018富山」
 にブース展示で参加しました。
       
治山研究発表会   2018.10.10
第58回治山研究発表会に参加
 第58回治山研究発表会にて昨年に引き続き
 口頭発表とパネル展示を行いました。
       
砂防学会研究会   2018.5.30
平成30年度砂防学会研究会に参加

 平成30年度砂防学会研究発表会 鳥取大会において
 口頭発表の機会を頂きました。
       
良好な景観とは   2017.12.21
砂防事業における良好な景観とは

 当社製品CBBO型の無塗装が「景観に対する配慮」という
 決まり文句で問題視されていますが、景観に対する配慮とは
 どのような事を言うのでしょうか。
       
九州地方整備局 新技術新工法   2017.12.8
九州地方整備局主催
 平成29年度「新技術・新工法説明会」に参加
 大型積みブロックアンカーウォール「チサンウォール」の
 発表とブース展示を行いました。
       
治山研究発表会   2017.9.28
第57回治山研究発表会に参加
 口頭発表とパネル展示を行い、多くの方と意見交換すること
 ができました。
       
ロバストネスへの挽歌   2017.6.5
<ロバストネス>への挽歌
 何時の時代でも何処の国でも
 分野の如何を問わず
       
チサンウォール   2017.4.28
チサンウォールと水平思考
 チサンウォール覚え書きノートでは読者の方に
 気づいてもらう
意味合いから「コロンブスの卵」という
 表現を使っています。