株式会社共生 > 中間技術再生研究所

中間技術再生研究所

中間技術再生研究所について

中間技術再生研究所は、
商品開発のプロセスを読者の皆様と共有するページです。

 

中間技術再生研究所とは:
KYOSEIの3つのキーコンテンツ

《協働する組織》《ユーザ側購買代理店》《中間技術再生研究所》の一つ。
E・F・シュマッハー”Small is Beautiful”によれば
先進国に多い「資本集約的」かつ「大規模」なハイテクと、
発展途上国に多い「労働集約的」かつ「小規模」なローテクの中間の技術。

 

 

技術情報

堰堤

 

VCCO型砂防堰堤
 
 
VCCO型砂防堰堤   1.VCCO型堰堤の開発
  1.1 なぜ円形よりも角形
  1.2 CFT化のメリット

2.VCCO型堰堤の構造と安定性の考え方
  2.1 基本構造
  2.2 CFT柱に要求される性能
  2.3 基礎構造に要求される性能

  2.4 考慮する設計外力
  2.5 CFT柱の安定性の考え方
  2.6 底版コンクリートの安定性の考え方

3.CFTを用いた片持ち梁構造の応用版いろいろ
 
Zスリット型堰堤
NETIS登録 KT-190075-A
Zスリット   1.Zスリット鞘管継手の実証実験を実施
2.究極の透過型堰堤Zスリット型砂防堰堤
  2.1 エネルギー吸収能力の基本概念
  2.2 実証されたフランジ継手の脆弱さ
  2.3 透過型のあるべき構造
  2.4 異種分野の同種技術<鋼管単柱式構造>
  2.5 鋼管単柱式構造の機能・構造部材
  2.6 フランジ継手に代わるさや管継手
  2.7 究極の透過型砂防堰堤「Zスリット型堰堤」

擁壁

 

逆T型CFT並列防護擁壁
 
 
逆T型CFT並列防護擁壁   1.逆T型CFT並列防護擁壁の開発
  1.1 開発の経緯
  1.2 逆T型形状と角形CFTの活用
2.構造と安定性の考え方
  2.1 基本構造と特徴
  2.2 対象とする荷重
  2.3 擁壁の安定性の考え方
  2.4 防護柵の安定性の考え方
3.実物大衝突実験による性能を確認
  3.1 実験方法
  3.2 CFT支柱
  3.3 支柱間阻止面(エキスパンドメタル)
4.経済性
  4.1 比較対象断面
  4.2 コスト比較
 
チサンウォール
NETIS登録 KK-160008-A
 
 
chisan_w_17.jpg   チサンウォール 地産大型積ブロック補強土壁
  1.補強土壁導入時における掛け違い
  2.高速道路と寒冷地における変状事例
  3.大規模地震での被害の実態
  4.壁面工のあるべき構造
  5.次世代補強土の最適解
     
バンブーウォール
NETIS登録 KK-190027-A
 
 
バンブー補強土壁   1.竹補強材の耐久性について
2.「竹害」問題の救世主「バンブーウォール」
3.竹補強材の連結部の強さについて
4.竹材の引抜試験結果のご報告
5.竹材の可能性を追い求めて

 

 

 

技術トピックス

 

阿蘇大橋地区斜面中腹部恒久対策工   2022.6.17【NEW】
地域からの技術だより
斜面対策工/ブロック・ノンとネックスの活用事例

 

       
聖沢川第1号   2022.4.12
鋼製残存型枠「SSSフォームレス工法」の累計型枠面積が10万㎡の大台を超えました

 鋼製残存型枠「SSSフォームレス工法」が、多くの現場で採用いただき、 累計型枠面積10万㎡の大台を超えました。

       
貯水ダム仮締切   2022.3.23
貯水ダム仮締切・工事用道路建設工事でダブルウォール形式を活用

 貯水ダム仮締切・工事用道路建設工事にダブルウォール形式の採用が増えています。

       
CBBO型機能部材脱着   2022.2.8
CBBO型砂防堰堤の機能部材を取外し除石を実施しました

 平成26年に竣工した長野県秋山沢2号CBBO型砂防堰堤が土石流を捕捉しました。

       
下半もたれ式ダブルウォール   2021.12.14
第61回治山研究発表会で発表

 10月28日~11月26日に開催された第61回治山研究発表会で発表を行いました。

       
INSEM-ダブルウォール   2021.10.22
資源循環に貢献し環境負荷を低減できるINSEM-ダブルウォール

 INSEM-ダブルウォールは中詰材として現地発生土砂をほぼ100%使用することができます。現地発生土砂の有効利用は、資源循環と環境負荷の低減に寄与することになります。

       
cbbo_36.jpg   2021.10.15
平成28年3月竣工の風祭第1砂防堰堤が土石流を捕捉

 令和3年8月の豪雨により発生した土砂と流木を風祭第1砂防堰堤が捕捉しました。

       
insem-dw_41.jpg   2021.9.9
大型積みブロックを下流壁面材に使用したINSEM-ダブルウォール堰堤

 INSEMダブルウォールの下流壁面材として新しくコンクリートブロックが加わることになりました。

       
SSS型流木捕捉工   2021.8.6
渓流を横断する道路防災対策の事例紹介

 函渠閉塞対策工として設置したSSS型流木捕捉工の事例を紹介します。

       
       
     
     >> 技術トピックス一覧へ  
     

SDGs推進だより

 

バンブーウォール   2021.12.17【NEW】
高知県芸西村で竹を補強材として活用したバンブーウォールが完成しました。



 
 
       
sdgs_01.jpg   2020.11.20
竹の建設土木資材としての活用に取り組んでいます。

11/2に茨城県水戸市で開催された「気候変動対応技術/ビジネスに関するキックオフセミナー」に参加。
竹の建設土木資材としての活用について発表するとともに、参加された皆様と情報交流の機会を得ることができました。