株式会社共生 > 中間技術再生研究所

中間技術再生研究所

中間技術再生研究所について

中間技術再生研究所は、
商品開発のプロセスを読者の皆様と共有するページです。

 

中間技術再生研究所とは:
KYOSEIの3つのキーコンテンツ

《協働する組織》《ユーザ側購買代理店》《中間技術再生研究所》の一つ。
E・F・シュマッハー”Small is Beautiful”によれば
先進国に多い「資本集約的」かつ「大規模」なハイテクと、
発展途上国に多い「労働集約的」かつ「小規模」なローテクの中間の技術。

 

 

技術情報

堰堤

 

VCCO型砂防堰堤
 
 
VCCO型砂防堰堤   1.VCCO型堰堤の開発
  1.1 なぜ円形よりも角形
  1.2 CFT化のメリット

2.VCCO型堰堤の構造と安定性の考え方
  2.1 基本構造
  2.2 CFT柱に要求される性能
  2.3 基礎構造に要求される性能

  2.4 考慮する設計外力
  2.5 CFT柱の安定性の考え方
  2.6 底版コンクリートの安定性の考え方

3.CFTを用いた片持ち梁構造の応用版いろいろ
 
Zスリット型堰堤
NETIS登録 KT-190075-A
Zスリット   1.Zスリット鞘管継手の実証実験を実施
2.究極の透過型堰堤Zスリット型砂防堰堤
  2.1 エネルギー吸収能力の基本概念
  2.2 実証されたフランジ継手の脆弱さ
  2.3 透過型のあるべき構造
  2.4 異種分野の同種技術<鋼管単柱式構造>
  2.5 鋼管単柱式構造の機能・構造部材
  2.6 フランジ継手に代わるさや管継手
  2.7 究極の透過型砂防堰堤「Zスリット型堰堤」

擁壁

 

逆T型CFT並列防護擁壁NEW】
 
 
逆T型CFT並列防護擁壁   1.逆T型CFT並列防護擁壁の開発
  1.1 開発の経緯
  1.2 逆T型形状と角形CFTの活用
2.構造と安定性の考え方
  2.1 基本構造と特徴
  2.2 対象とする荷重
  2.3 擁壁の安定性の考え方
  2.4 防護柵の安定性の考え方
3.実物大衝突実験による性能を確認
  3.1 実験方法
  3.2 CFT支柱
  3.3 支柱間阻止面(エキスパンドメタル)
4.経済性
  4.1 比較対象断面
  4.2 コスト比較
 
チサンウォール
NETIS登録 KK-160008-A
 
 
chisan_w_17.jpg   チサンウォール 地産大型積ブロック補強土壁
  1.補強土壁導入時における掛け違い
  2.高速道路と寒冷地における変状事例
  3.大規模地震での被害の実態
  4.壁面工のあるべき構造
  5.次世代補強土の最適解
     
バンブーウォール
NETIS登録 KK-190027-A
 
 
バンブー補強土壁   1.竹補強材の耐久性について
2.「竹害」問題の救世主「バンブーウォール」
3.竹補強材の連結部の強さについて
4.竹材の引抜試験結果のご報告
5.竹材の可能性を追い求めて

 

 

 

技術トピックス

 

SSSフォームレス工法   2020.09.18【NEW】
鋼製残存型枠「SSSフォームレス工法」による施工の合理化
 「SSSフォームレス工法」は、「施工性」、「安全性」、「工程」において優れるとして評価を頂きNETIS活用促進技術に指定された残存型枠工法です。

 
       
逆T型CFT並列防護擁壁   2020.09.18
「VCCO型」の実績が10基を超えました 
 5月にVCCO型応急対策工の第一号が完成してから
 「VCCO型」の実績は すでに10基を超えました。

 
       
逆T型CFT並列防護擁壁   2020.07.31
INSEM-ダブルウォールの現場見学会が開催されました 
 平成30年7月豪雨災害の災害関連事業である広島県呉市
 の中ヶ原川堰堤が完成し、現場見学会が開催されました。

 
       
基礎工8月号   2020.07.31
月刊「基礎工」にチサンウォール工法が掲載されました
 報文「壁面材に地場産の大型積みブロックを用いた補強土壁
 工法―チサン(地産)ウォール工法―」 掲載。

 
     >> 技術トピックス一覧へ  
     

SDGs推進だより

 

sdgs_01.jpg   2020.11.20【NEW】
竹の建設土木資材としての活用に取り組んでいます。

11/2に茨城県水戸市で開催された「機構変動対応技術/ビジネスに関するキックオフセミナー」に参加。
竹の建設土木資材としての活用について発表するとともに、参加された皆様と情報交流の機会を得ることができました。