株式会社共生 > 工法一覧 > 落石対策工

落石対策工

落石対策工

概要

rakuseki_16.jpg
 

道路際の斜面下部に設置し、落石から道路の走行車線を防護します。
小規模な崩落や小落石を対象とした簡易防護柵から、礫径1mを超える巨礫を対象とした本格的な防護擁壁まで、適材適所の落石・崩壊土砂対策工を低コストで設置できます。

 
 

落石対策 防護工シリーズ

ΔXウォール(ΔXW)
 
逆T型CFT並列防護擁壁
ΔXウォール   ΔXウォール
φ0.3m程度までの小落石(Ew<5kJ)に対応   φ0.6m程度までの中規模落石(Ew<50kJ)に対応
>> ΔXウォール(ΔXW)の詳細をみる   >> 逆T型CFT並列防護擁壁Iの詳細をみる
ダブルウォール落石防護擁壁
 
 
ΔXウォール   ΔXウォール
φ1.0m程度までの中規模落石(Ew<200kJ)に対応   φ1.3m程度までの巨礫(Ew=~500kJ)に対応
>> ダブルウォール落石防護擁壁の詳細をみる   >> ダブルウォール落石防護擁壁の詳細をみる

CONTACT

こんなお悩み・ご質問ございませんか?お気軽にまずはご相談下さい。

中詰土が悪くて締固めが難しい時の対処方法はありますか?

セメント等で改良する方法など、土の性状によっていろいろと対処できます。

基礎地盤の変形に追随できる擁壁はありますか?

地盤条件に適応した工法をご提案致します。

狭い進入路しかない現場なのですが施工できますか?

部材がコンパクトで資材運搬量も少ないので、狭い進入路でも施工できます。

防災調節池ダムのコスト縮減と工期短縮を図る工法はありますか?

コンクリートダムに比べてコスト縮減と工期短縮が図れる工法があります。

お問い合わせ03-3354-2554
本社TEL 受付時間 8:50~17:20(土日祝休)