HOME > 商品一覧 > Z-スリット型堰堤

Z-スリット型砂防堰堤

Z-スリット型砂防堰堤

Z-スリット型砂防堰堤の構造

透過型砂防えん堤

Z-スリット型砂防堰堤は、鋼管柱をジグザグに2列配置することで、土石流を確実に捕捉することができる鋼管単柱式の構造物です。 

礫の衝突に対して弱点となるフランジ継手を一切使用せず、じん性に富んだエネルギー吸収能力の高い、いたってシンプルな構造になっています。

鋼管柱は上流側の1列配置でも、流体力や堆砂圧あるいは礫衝突の土石流外力に対して安定性を確保できるようにしていますが、万が一設計外力を超えるような外力が作用しても、1列目と同じ耐力をもつ下流側の2列目によって捕捉機能を保てるようなリダンダンシーの高い構造体です。

基礎さや鋼管に鋼管柱を差しこむだけのシンプルな構造ですから、格段に作業性は向上し、大幅な工期短縮が可能です。鋼管柱は必要に応じて取り外しができて、透過部からの除石を容易にするとともに、管理用道路を堆砂地まで進入させる必要もなくなります。


Z-スリット型
 

Z-スリット型砂防堰堤の特長

 ・ Simple is best.
 ・ 鋼管を素のままで活用。—鋼材加工度大幅減—
 ・ フランジ継手に代えて鞘管継手を登用。
 ・ 塗装無用。—露出面オール黒皮一色—
 ・ コストを大幅に縮減
 ・ 段違いの工期短縮
 ・ 適用範囲は開口部高Hs≦10m
 ・ 必要に応じて、不透過型への変身も随意。

施工手順

(1)底版コンクリート(1次)打設

基礎さや鋼管の設置基面まで、底版コンクリートを打設します。

 
 
(1)底版コンクリート打設
 
(2)基礎部の組立

支持材(下段)に接するように基礎さや鋼管を設置します。

 
 
(2)基礎部の組立
 
(3)支持材とアンカー材の設置

支持材(上段)を基礎さや鋼管に固定し、アンカー鉄筋を設置・固定します。

 
 
(3)支持材とアンカー材の設置
 
(4)底版コンクリート(2次)打設

基礎さや鋼管の内部にコンクリートが入らないよう打設します。

 
 
(4)底版コンクリート打設
 
(5)鋼管柱の設置

鋼管柱を底版に設置した基礎さや鋼管に挿入します。

 

 

 
(5)鋼管柱の設置
 
     
(6)完成

鋼管柱内部に砂を充填し蓋材を設置します。

 

 

 
(6)完成
 

比較工法(商品)

格子形、T型、Jスリット など

Z-スリット型砂防堰堤 施工事例

Z-スリット型砂防堰堤   Z-スリット型砂防堰堤                              
 

関連ページはこちら