HOME > 商品一覧 > 間伐林立フォームレス

間伐林立フォームレス

間伐林立フォームレス(林立F)

概要

間伐林立フォームレス

間伐林立フォームレスは、間伐材を縦に間隔をあけて配置し、コンクリート打設の際のせき板とするとともに、堰堤や擁壁のコンクリート躯体の木調壁面材として残置させる型枠工法です。間伐材は現地発生の皮付き丸太から円柱、太鼓落とし、半割の加工木材まで様々なバリエーションで幅広く利用することが出来ます。   連子格子風の景観、そして組立てや品質管理のし易さなど好評を博しており、これまでの間伐材横置き配置の間伐フォームレスに代わって採用が増えてきております。

  間伐林立フォームレス

特長

  • 長さ2mの間伐材を千鳥状に配置することで、先行する間伐材が転落防止の安全柵の役目も兼ねます。
  • 間伐材はタテ置きのため、曲線に合わせて設置することが容易です。
  • 型枠の組立はすべて内側からの作業が可能です。
  • コンクリート漏れ防止材には、透水性・強さのある布製型枠シートを採用。これにより余剰水のみが排出され、コンクリートの品質向上と品質確認が図れます。
  • 上流面間伐材の緩衝効果で礫衝撃力を大幅に低減できます。
  • 間伐材は皮付き丸太、太鼓落とし、半割など様々なバリエーションで使用できます。また、必要に応じて間伐材の取替えも可能です。

施工手順

(1)縦支保材の設置とタイ材の溶接

縦支保材の固定用アンカーと基礎アンカーを設置します。所定の長さで製作された縦支保材(山形鋼L-50×50×4)を3.0m間隔となるよう設置し、タイ材(D13)を縦支保材と基礎アンカーに溶接します。

 
 
(1)縦支保材の設置とタイ材の溶接
 
(2)横梁材と間伐材の設置

横梁材(リップCH-100×50×20×3.2)を縦支保材に溶接し、長さの異なる間伐材を所定の間隔をあけて千鳥に建て込み、コーチスクリューと座金で横梁材に固定します。

 
 
(2)横梁材と間伐材の設置
(3)タイ材の設置とコンクリート漏れ防止材の貼付

所定の設置間隔にてタイ材(D13)を横梁材と基礎アンカーに溶接し、間伐材の背面に沿わせて、透水性に優れたコンクリート漏れ防止材(パブリックシート)を貼付します。

 
 
 
(3)タイ材の設置とコンクリート漏れ防止材の貼付
(4)コンクリート打設

コンクリートが型枠内のすみずみまで行きわたるように、壁面際までしっかり締固めます。

 
 
 
(4)コンクリート打設
(5)完成

壁面材の設置、コンクリート打設を天端まで繰り返し、完成です。

 
 
 
(5)完成

間伐林立フォームレス 施工事例

間伐林立フォームレス   間伐林立フォームレス   間伐林立フォームレス   間伐林立フォームレス
             
間伐林立フォームレス   間伐林立フォームレス   間伐林立フォームレス   間伐林立フォームレス

関連ページはこちら