HOME > 商品一覧 > CBウォール

CBウォール

CBウォール

構造

cb_w_01.png
【建設技術審査証明】 取得申請中

CBウォール工法は、堤体材料として内部応力から求まる圧縮強度のINSEM、上下流壁面材に自立可能な厚手の<大型積みブロック>を使用した重力式堰堤工法です。
壁面材に大型積みブロックを登用する事により、これまでのINSEM 堰堤が抱えていた性能面や施工面の課題が解消できるうえ、コスト縮減にも寄与する事ができます。
また、セメント散布による水平打継目処理を実施することによって堤体の一体化を図り、粘り強い砂防堰堤を形成します。

 
 
CBウォール工法

特長

  • 大型積みブロックの壁面材登用により、壁面際まで入念にINSEM材の締固めがおこなえるため、INSEMの品質向上と連続施工が実現できます。
  • セメント散布による水平打継目処理の実施により、一体化した粘り強いINSEM堰堤を構築することができます。
  • 河床堆積物が厚い場合に、堤体下半もたれ式断面の採用により基礎掘削量が削減できます。
  • 両岸地山が急峻な場合、堤体と地山取付部の間に護岸工を介在させることにより、長大掘削法面を解消する事ができます。

施工手順

(1)基礎工

壁面材を設計に従って設置する為、所定の位置まで掘削が完了した後、基礎均しコンクリートを施工します。

基礎地盤に十分な支持力が得られない場合は、地盤改良を行います。

 
 
 
(1)基礎工
(2)壁面材の設置
壁面材の設置は、1段目を基礎コンクリート上に据え付けた後、ブロックの孔部に連結鉄筋を挿入し、モルタルを充填します。
 
 
 
(2)壁面材の設置
(3)INSEMのまき出し・締固め
INSEM材は試験施工で決定された方法により、締固め効果が発揮されるように水平におこない、原則として振動ローラにより転圧を入念に行います。
壁際の振動ローラが近づけない部分は、ランマにより転圧します。
 
 
 
(3)INSEMのまき出し・締固め
 
(5)水平打継目処理
堤体の一体性を確保するため、水平打継目において、散水ならびにセメント散布(0.5kg/㎡)処理を行います。
(INSEMを当日中に連続して施工する場合を除く)



セメント散布は、写真のような簡易散布機を用いることで発塵を抑えながら均一に散布する事が出来ます。
 
 
 
(5)水平打継目処理
 
cb_w_07.png 
(6)アンカー材の取付
壁面材とINSEMが一体となるように、アンカー材を壁面材部の連結鉄筋に取り付け、締固め後のINSEMの上に敷設します。


 
 
 
 
 
(7)壁面材設置~アンカー材取付を繰り返し完成
壁面材設置~INSEMのまき出し・締固め~水平打継目処理~アンカー材の取付を繰り返し、所定の高さまで仕上げ完成です。
 
 
 
(4)壁面材・タイ材設置と中詰工繰り返し
 
 
   
 
 
 
 
 

比較工法(商品)

コンクリート堰堤

 
             

関連ページはこちら