スライドウォール

HOME > 工法一覧 > 道路擁壁工・土留工 > スライドウォール

スライドウォール(SLW)

概要

スライドウォール
 

スライドウオールは、壁面パネルにセグメント化した軽量鋼矢板を使用し、その継手特性を活かすことで、上下方向にスライド自在性を持たせた補強土壁工法です。
基礎地盤が弱く盛土材の沈下が懸念されるところには最適な工法です。

  スライドウォール
 

特長

  • 壁面パネルにセグメント化した軽量鋼矢板を使用したことで、上下方向スライド自在。
  • 背面盛土部の圧縮沈下に対応可能。
  • セグメントで形成される壁面の法勾配は準直立。
  • 打込み鋼矢板基礎と併用することで、支持力不足を解消。
  • 鋼矢板の継手特性を活かしたことで、壁面の組立作業性も抜群。
  • 他の軽量盛土工法よりもコスト安。
 
 

施工手順

(1)鋼矢板の打込み

打込み基面の整形を行ったあと、隣り合う鋼矢板の継手部が正しく嵌合されていることを確認しながら、鉛直に鋼矢板を打込みます。

 
(1)鋼矢板の打込み
 
(2)上部セグメント鋼矢板の組立て

底面用ハーフ部材を打込み鋼矢板にボルトで連結し、そのハーフ部材の継手に標準部材の継手を嵌め合わせます。

 
(2)上部セグメント鋼矢板の組立て
 
(3)タイ材・アンカー材の取付け

タイ材はセグメント鋼矢板に開けられたタイ材用孔に端部を通し、ロックナットと座金で固定します。中詰側は、アンカー材の孔に通し、ロックナットで固定します。

 
(3)タイ材・アンカー材の取付け
 
(4)中詰材の投入、敷均し、締固め

タイ材設置後、中詰土を投入・敷均しをして1層の仕上がり厚25cmになるように締固め、2 層50cm 厚ごとにタイ材を設置します。セグメント鋼矢板の組立て、タイ材の取付け及び中詰めを交互に繰り返して擁壁の天端まで仕上げます。

 
(4)中詰材の投入、敷均し、締固め
 
(5)完成
 
(5)完成
 
 

比較工法(商品)

軽量盛土工法 など
 
 

スライドウォール 施工事例

     
             
           
             
 
 

?
PAGETOP