もたれブロック・ノン

HOME > 工法一覧 > 道路擁壁工・土留工 > もたれブロック・ノン

もたれブロック・ノン(MBLN)

概要

もたれブロック・ノン

新技術情報提供システム(NETIS)登録 KK-120034-A

 

エキスパンドメタルを用いた二重壁構造の鋼製もたれ式擁壁です。二重壁構造にしたことで、地山掘削を最小化することができ、ブロック積みに代わる擁壁として適用できます。
切土を極力抑え、低コストと耐久性が求められる林業専用道・森林作業道はもちろん、迅速性が要求される災害復旧の現場、路側擁壁、切土法面法尻擁壁に最適です。
全国の多様な場所で多くの実績があり、ニーズの高い商品となっております。 

  もたれブロック・ノン
 

特長

  • ブロック積みと比べても、壁面ユニット重量12.7kg/個と軽量でシンプル。運搬・設置が容易。
  • 壁体幅は、もたれ式としての安定と中詰土の施工から決まる。最小幅0.8〜1.4m。
  • 切土によって発生した岩砕、磯質土を活用(現地発生土の活用)。
    (適材が得られない場合は、クラッシャーランを使用)
  • コンクリート不要のため養生期間が無用。工期が大幅に短縮できる。
  • ブロック積擁壁に比べて約35%のコスト縮減。
  • 標準設計が完備されており、設計・積算が容易。迅速な対応が可能。
 
 

施工手順

(1)壁面ユニット設置
斜タイ材・吸出し防止材(植生マット)を取付けた
壁面材と背面材をコイルと丸棒を使って連結し、
前背面が一体の壁面ユニットを組立て、設置します。
 
(1)壁面ユニット設置
 
(2)裏込め材の投入と突き固め
背面材の背面と切土面との間は、礫質土を投入し、
突き棒でしっかり突き固めます。
 
(2)裏込め材の投入と突き固め
 
(3)中詰土の投入・まき出し・締固め
勾配と通りを確認後、中詰土の投入・敷均しをして
1層の仕上がり厚30cmになるよう締固めます。
転圧は小型転圧機により、壁面に平行に走行して行います。
 
(3)中詰材の投入、敷均し、締固め
 
(4)壁面ユニット設置、中詰めの繰り返し
組立てた次の段の壁面ユニットを、背面において
コイルと丸棒で連結し一体化します。それと
中詰めを交互に繰返して擁壁の天端まで仕上げます。
 
(4)壁面ユニット設置、中詰めの繰り返し
 
(5)完成
 
(5)完成
 
 

比較工法(商品)

ブロック積み、かごマット、かご枠 など
 
 

もたれブロック・ノン 施工事例

     
 
     
 
     
 
 
 

関連ページはこちら

 
 

?
PAGETOP