チサンウォール

HOME > 工法一覧 > 道路擁壁工・土留工 > チサンウォール

チサンウォール

旧称:地産ブロックアンカーウォール(地産BAW)

概要

アンカー式大型積みブロック補強土壁
新技術情報提供システム(NETIS)登録 KK-160008-A
 

チサンウォールは、壁面工に大型積みブロック、水平補強材に異形棒鋼、アンカー材に山形鋼など汎用性のある鋼材を使用したコンクリートブロック補強土壁工法です。 従来の薄い面状コンクリートパネルを用いた直立補強士擁壁類が持つ施工性・安全性の問題を、自立する“ずんぐり形状”の直方体「大型積みブロック」で解決しています。

壁面ブロックと補強材の連結部は固定せず、上下スライド機能を持たせることにより、盛土材等の沈下に備え沈下余裕代を設けた構造になっています。この構造によりコンクリートパネルにクモの巣状のクラックが入ったり、地震時にはパネルが補強材から外れ落ちるという従来の懸念を改善しています。

  オリロックブロックヘイベックブロック
 

特長

  • 補強土壁専用のコンクリートパネルではなく、大型積みブロックを使用。
  • 従来の薄い壁面パネルと違い、自立安定性がよいので壁際30cmまで振動ローラによる転圧が可能。良く締まった強固な盛土体を構築できる。
  • 壁面ブロックは自立するため、サポートクランプ(支保材)など不要。据付作業性と安全性がUP。
  • 沈下に対する追随性が高いスライド構造。
  • 地場産の大型積みブロックを殆どそのまま使用するため、低コスト。
 
 

関連記事

「チサンウォール」に関する記事をご紹介します。

 
 

施工手順

(1)基礎コンクリートの打設、ブロックの設置

基礎コンクリート硬化する前に所定位置に連結棒を挿入し、固まったら基礎コンクリートの上にブロックを設置します。

 
(1)基礎コンクリートの打設、ブロックの設置
 
(2)中詰材の投入、敷均し、締固め

ブロック間に吸出し防止マットを取付け、中詰土の投入・敷均しをして、壁際まで入念に締固める。1段のブロックを3層に分けて締固めます。

 
(2)中詰材の投入、敷均し、締固め
 
(3)モルタル充填、連結棒の挿入、水平タイ材の設置

ブロック中空部に鉄筋を通し、モルタルを充填します。
羽子板付水平タイ材を連結棒上から通して切り欠き部上面の位置に設置し、もう一方の端部に、アンカー材を設置しボルトにて固定します。

 
(3)モルタル充填、連結棒の挿入、水平タイ材の設置
 
(4)かさコンクリートの施工

壁面材の設置、中詰め、モルタル充填、連結棒の挿入および水平タイ材の設置を交互に繰り返し、上段の補強材を設置した後、天端部のかさコンクリートを打設します。

 
(4)かさコンクリートの施工
 
(5)完成

 

 

 
(5)完成
 
 

比較工法(商品)

テールアルメ、スーパーテールアルメ、多数アンカー など
 
 

チサンウォール 施工事例

 
     
 
     
 
       
 
 

?
PAGETOP