ネックス

HOME > 工法一覧 > 山腹工 > ネックス

ネックス(NEX)

概要

ネックス
 

ネックスはエキスパンドメタルの壁面材と杭とをコイルで連結した簡易土留工です。

山腹斜面・道路法面・路肩や法尻での表土流出防止の対策工として適用できます。

 
nexp(H1000)
 
nexコイル+丸鋼型NEX(壁高0.5m正面)菱型EXP
 

特長

  • 軽量資材なので運搬・施工が容易、人力により組立てられます。
  • 壁材にエキスパンドメタルを使用していますので、従来の工法よりも丈夫でしかも地形に応じて自由な形状に組立てができます。
  • さらに部材はメッキされていますので、耐久性は実用上半永久的といえます。
  • 裏込土砂の吸出防止に植生マットを使うことにより、壁面の緑化ができます。
  • さらに、間伐材と組み合わせれば、壁面材の鋼材重量を低減できるだけでなく、間伐材の有効活用が期待できます。
 
 

施工手順

(1)端部杭の設置

端部杭を所定の位置にハンマーで打込んで設置します。

 
 
(2)壁面材の取付け、壁面材間の杭設置

順次エキスパンドメタル壁面材をセットしながら、
杭をコイルに通して打込み、設置していきます。

 
(2)壁面材の取付け、壁面材間の杭設置
 
(3)吸出し防止材取付け

壁面裏に吸出し防止材(植生マット)を取り付けます。

 
(3)吸出し防止材取付け
 
(4)中詰土投入締固め

中詰土を投入し、小型転圧機を使って締固めます。

 
(4)中詰土投入締固め
 
(5)完成

 

 
(5)完成
 
 

比較工法(商品)

丸太柵、板柵、土留鋼板、編柵
 
 

ネックス 施工事例

     
             
     
             
     
             
     
             
 
 

?
PAGETOP