INSEMダブルウォール

HOME > 工法一覧 > 不透過型砂防堰堤 > INSEMダブルウォール

INSEMダブルウォール(INSEM-DW)

構造

 

この現場の完成式典の様子が、国)日野川河川事務所HPでご覧いただけます。

現地発生土を有効活用した鋼製砂防えん堤

【建設技術審査証明】 第 0504 号 

 

INSEM-ダブルウォール工法は、人工骨材を一切使わなくてもすむ程度までINSEM材の目標強度レベルを下げ、品質性能の足らざるところを、ダブルウォール化による補強を援用することで、中詰材を必要な強度まで強化した砂防堰堤工法です。

 
INSEM-ダブルウォール工法
 
 

特長

  • 土石流衝撃力に対しては上流壁面材で抵抗するので、INSEM躯体のせん断強度を見込まなくてもよい。このため打継目処理が不要。上下流をつなぐタイ材の存在によって連続施工が可能となり、施工期間を大巾に短縮できる。
  • 中詰材を外側から壁面材とタイ材で締め付けることによる物理的補強と、セメントで固化する化学補強の協働効果により、INSEM材を単独使用する砂防堰堤では実現できない低強度レベルのINSEM材を中詰に使用することが可能。目標強度は、利用可能な現地発生土の粒度特性相応に、人工骨材を一切混入せずにすむ強度レベルⅠ(0.5〜1.5N/m㎡)に設定。
  • INSEM材の目標強度が低めに設定できるため、土砂ダブルウォールでは使用できなかった粘性土も使用できるようになり、ダブルウォールの開発コンセプトである「土砂発生土の有効活用」が多くの現場で可能となった。
  • INSEM材の目標強度を低目に設定することにより、現場における品質管理の簡明化を図ることができる。
  • INSEM材が低強度でまかなわれている分、高強度の場合に比べて土石流衝撃力が緩和され、結果としてリダンダンシーが優れることとなる。
  • 堰堤を鋼製する主要部材は現地発生土。コンクリート堰堤に比べ材料運搬量が少なく経済的。
 
 

技術ノート

「技術ノート」より、「INSEMダブルウォール」に関する記事をご紹介します。

 
 

施工手順

(1)基礎工と1段目の壁面材、タイ材の設置

床掘り・整地のあと基礎工を施工します。

直接基礎の場合は、均しコンクリートを打設し、1段目の壁面材を設置します。鋼矢板打込み基礎の場合は、所定の根入れ深さまで打込み基礎部を構築します。

所定の間隔にタイ材を配置し、連結金具を介してタイ材と壁面材を連結させます。

 
(1)基礎工
 
(1)基礎工
 
(2)INSEM材の製造、運搬
セメントを添加し混合して製造されたINSEM材を運搬、投入する。

 
(2)タイ材の設置

 
(3)中詰土の投入・まき出し・締固め
バックホウ等によって中詰材を投入し、仕上がり厚30cmとなるようにブルドーザで敷均し、振動ローラで転圧します。上下流壁面際は空洞が残らないようにランマ等の小型機械を用いて入念に中詰材を投入して締固めます。

 
(3)中詰土の投入・まき出し・締固め

 
(4)壁面材・タイ材設置と中詰工繰り返し
壁面材・タイ材設置および中詰工を繰り返し、所定の高さまで仕上げます。

 
img07.jpg

 
(5)完成
水通しコンクリートの施工、堤冠材の取付け等天端処理を行い完成です。

 
img08.jpg

 
 

比較工法(商品)

コンクリート堰堤
 
 

INSEMダブルウォール 施工事例

     
 
     
 
     
 
     
 
     
 
 

関連ページはこちら

 
 

PAGETOP