スーパーセル

HOME > 工法一覧 > 不透過型砂防堰堤 > スーパーセル

スーパーセル(CELL)

構造

 
直線形鋼矢板セグメントのセルダム
 

スーパーセルは、セグメント化した直線形鋼矢板を千鳥配置した外殻の中に、現地発生土砂を中詰した鋼製砂防堰堤です。高張力継手強度をもつ直線形鋼矢板セグメントの爪の嵌合だけで組立られたボルトレスのいわば1枚板のような構造になっているため、衝撃力に強い構造となっています。

 
スーパーセル
 
 

特長

  • 内部に構造部材がないので、中詰材の搬入、まき出し、締固めなどの一連の土工作業が容易であることに加え、中詰材料やその施工方法の適用範囲が広い。
  • 直接基礎の設置が困難な基礎地盤では、長尺鋼矢板の打込み施工による基礎工を設置することによって、地中部にも地上部と同じ機能をもつ重力式構造体を構築できる。
  • 基礎地盤の掘削土量が大幅に節減でき、かつ工期も短縮できる。
  • 河川の設計洪水水流量の大きいところでは、一般の鋼製ダムは工事中の河流処理が困難な場合がありますが、セルダムは1函ごと独立した構造のため、透過型・不透過型を問わず半川締切り方式などの流水処理対策(転流工)を極めて用意に計画することができる。
  • 複数セルを連続的に配置した不透過型砂防ダムばかりでなく、円形の単体セルを間隔を空けて設置した、土石流対策用の透過型ダムにも用いることができる。透過型ダムの平面形状は、スリット幅を比較的広くとれるばかりでなく、前後で扇状に広がった形となっており、捕捉あるいは堆積した大きな礫を機械施工によって効率的に除去することができる。
 
 

技術ノート

「技術ノート」より、「スーパーセル」に関する記事をご紹介します。

 
 

施工手順

(1)基礎工

床掘・整地のあと基礎工を施工します。
直接基礎の場合は、均しコンクリートの打設、
底面通し材を設置し、鋼矢板を建て込みます。
鋼矢板打込み基礎の場合は、所定の根入れ深さまで
打込み基礎部を構築します。

 
(1)鋼矢板基礎施工
 
(1)鋼矢板基礎施工
 
(2)鋼矢板セグメント建て込み

2段目鋼矢板セグメントを1段目壁面材の間に挿入
します。

 
(2)鋼矢板セグメント建て込み
 
(3)中詰土の投入、まき出し、締固め

1層の仕上がり厚が30cm以下となるように締固め
ます。鋼矢板セグメント建て込みと中詰工を繰り返し
所定の高さまで仕上げます。

 
(3)中詰土の投入、まき出し、締固め
 
(4)天端コンクリート施工

水通し天端部はコンクリートで補強処理します。

 
(4)天端コンクリート施工
 
(5)完成
 
 
(5)完成
 
 

比較工法(商品)

コンクリート堰堤
 
 

スーパーセル 施工事例

     
 
     
 
     
 
     
 
           
 
 

関連ページはこちら

 
 

PAGETOP