不透過型砂防堰堤

HOME > 工法一覧 > 不透過型砂防堰堤

不透過型砂防堰堤

概要

現地発生土を有効活用した鋼製砂防えん堤
 

不透過型砂防堰堤は、不安定土砂の移動を抑制し、河道の安定や山脚の固定を図ることを目的として設置される構造物です。

 
概要
 
 

特長

  • 共生の鋼製不透過型砂防堰堤は、現地発生土を有効活用できます。
  • 粘性土などそのまま使用が困難な場合は、セメント混合(INSEM化)することでより多くの現地材を使えます。
    (ゼロエミッション!)
  • 多彩な壁面のバリエーションをラインナップ!
  • 基礎地盤が悪くても対応可能!
  • 掘削レス工法もあり!
 
 
 

不透過型砂防堰堤におけるKYOSEI 商品

ダブルウォール(DW)
 
INSEMダブルウォール(INSEM-DW)
 
セル(CELL)
現地発生土を有効活用した鋼製砂防堰堤   ダブルウォールと低強度の複合型式   直線鋼矢板セグメントのセルダム
現地発生土を有効活用した鋼製砂防堰堤   ダブルウォールと低強度INSEMの複合型式   直線鋼矢板セグメントのセルダム
>> ダブルウォール(DW)の詳細をみる   >> INSEMダブルウォール(INSEM-DW)の
詳細をみる
  >> セル(CELL)の詳細をみる

PAGETOP