落石対策工

HOME > 工法一覧 > 落石対策工

落石対策工

概要

落石防護工・急傾斜地防護工
 

道路際の法尻に設置し、斜面の落石から道路の走行車線を防護します。
小規模な崩落や小落石を対象とした簡易防護柵から、礫径1mの巨礫を対象とした本格的な防護擁壁まで、適材適所の落石・崩壊土砂対策工を低コストで設置できます。

 
img02a.jpg   img03a.jpg   img04a.jpg
         
■落石対策 防護工シリーズ
 

ΔXウォール(ΔXW) H=1.2m

ΔXウォール(ΔXW) H=1.2

トラス構造の二重防護柵一体型擁壁。
D=0.3m以下の小規模落石(Ew=5kJ以下)に対応


 

ΔXウォール(ΔXW) H=2.0m

ΔXウォール(ΔXW) 2.0

トラス構造 の二重防護柵一体型擁壁。
D=0.3m以下の小規模落石(Ew=5kJ以下)に対応


エキスパンドメタル(EX)落石防護柵併用タイプ

img07a.jpg

 

防護柵に菱形金網の1.6倍のエネルギー吸収能力を有するエキスパンドメタルを使用。

D=0.6m程度の中規模落石(Ew=~70kJ)に対応

 

ダブルウォール落石防護擁壁

ダブルウォール落石防護擁壁

土石流対策堰堤に多くの実績を有し、高い耐衝撃性能が確認されているダブルウォール式。背面側軽量鋼矢板の板厚は落石規模に応じて選定できます。
D=1.2m程度までの巨礫(Ew=~500kJ)に対応

 

 

ΔXウォール (ΔXW) H=1.2m 施工事例

img104.jpg

 

img105.jpg

 

img108.jpg

 

img101.jpg

img103.jpg

img106.jpg

景観に配慮した塗装仕様

積雪地域での適用例

積雪地域での適用例

 
ΔXウォール (ΔXW) H=2.0m 施工事例

img110.jpg

 

 

 

 

PAGETOP