マルチアンカーウォール

HOME > 工法一覧 > 急傾斜地崩壊土砂対策工 > マルチアンカーウォール

マルチアンカーウォール(MAW)

構造

マルチアンカーウォール
 
NETIS登録番号 KK-030002
 

マルチアンカーウォールは、壁面材にU型連結材とエキスバンドメタル、水平補強材に鉄筋、アンカー材に山形鋼を使用した直壁アンカー式鋼製補強土擁壁です。

先行する支柱材(U型連結材)が施工中の安全柵の役割としても機能し、中詰め土の締固めを安心してしっかり安全に行うことができるとともに、タイ材がスライドできるようになっているため、沈下に対して追随可能な構造となっております。

 
MAW型崩壊土砂防護擁壁
  MAW
 
 

特長

  • 部材が軽量かつシンプルで、壁面材の組立てや補強材の敷設が簡単。
  • 沈下に追随できるスライド構造。
  • 安全柵機能付き。
  • 他の補強土壁工法を寄せつけない経済性。
 
 

施工手順

(1)基礎部材、及び水平タイ材と支柱材の組立て
基礎ベースプレートに支柱材を建て込み固定し、支柱材、水平タイ材、アンカー材を高力ボルト固定します。
 
(1)基礎部材、及び水平タイ材と支柱材の組立て
 
(2)壁面エキスパンドパネルの取付け
支柱材間隔を1.0mとし、隣りあう壁面材を目合い1目分重ねて設置した後、上から連結鉄筋を通します。
 
 
(2)壁面エキスパンドパネルの取付け
 
(3)目地材及び植生マットの取付け
支柱材背面から間詰め用の発泡スチロールの小丸棒を挿入し、植生マットを壁面材内側、支柱材間に結束線を用いて固定します。
 
(3)目地材及び植生マットの取付け
 
(4)中詰材の投入、敷均し、締固め
勾配と通りを確認後、中詰土の投入・敷均しをして1層の仕上がり厚30cmになるよう締固めます。壁面材取付け、タイ材の敷設および中詰めを交互に繰り返して擁壁の天端まで仕上げます。
 
(4)中詰材の投入、敷均し、締固め
 
(5)完成
 
(5)完成
 
 

比較工法(商品)

テールアルメ、スーパーテールアルメ、多数アンカー など
 
 

マルチアンカーウォール 施工事例

     
 
       
 
 

PAGETOP