急傾斜地崩壊土砂対策工

HOME > 工法一覧 > 急傾斜地崩壊土砂対策工

急傾斜地崩壊土砂対策工

概要

落石防護工・急傾斜地防護工
 

急傾斜地での崩壊土砂を捕捉する待受式防護擁壁。土石流対策堰堤に多くの実績を有し、高い耐衝撃性能が確認されていますダブルウォール待受け擁壁が崩壊土砂を遮断し、人家などに及ぶことを防止します。

 
■急傾斜地崩壊土砂対策工 防護工シリーズ
 

ダブルウォール待受け擁壁

ダブルウォール待受け擁壁

●土石流対策堰堤に多くの実績を有し、高い耐衝撃性能が確認されているダブルウォール待受け擁壁です。

●斜面下部より離して設置し、崩壊土砂を擁壁背面に設けたポケットで捕捉します。

 

エキスパンドメタル(EX)防護柵併用タイプ

エキスパンドメタル(EX)防護柵併用タイプ ●矢板防護柵併用タイプ ●下半もたれ式待受け擁壁 土石流対策堰堤に多くの実績を有し、高い耐衝撃性能が確認されていますダブルウォール待受け擁壁です。斜面下部より離して設置し、崩壊土砂を擁壁背面に設けたポケットで受け止めま ●ダブルウォール待受け擁壁

●景観に配慮したエキスパンドメタル防護柵を併用した待受け擁壁です。

●崩壊土砂を擁壁背面で受け止め、後続流による崩壊土石をエキスパンドメタル防護柵も含めた背後の空間で受け止めます。



下半もたれ式待受け擁壁

下半もたれ式待受け擁壁

●擁壁背面が比較的良好な地山の場合は、下半部をもたれ式にすることで狭い場所でも設置できます。

●崩壊土砂を擁壁上部で受け止め、後続流による崩壊土石をエキスパンドメタル防護柵も含めた背後の空間で受け止めます。

 

矢板防護柵併用タイプ

矢板防護柵併用タイプ

 

●背面の軽量鋼矢板をそのまま突出させ防護柵として利用した待受け擁壁です。

●崩壊土砂を擁壁上部で受け止め、後続流による崩壊土石を鋼矢板防護柵も含めた背後の空間で受け止めます。

●剛性の高い鋼矢板防護柵は、崩土だけでなく中規模落石を受け止めることができます。

 

施工事例

完成当初 現状
完成当初の全景と背面ポケットの様子 現状の全景と背面ポケットの様子
 

積雪にも耐え、融雪時に崩れた法面からの土砂をしっかり捕捉。
道路への流出を防ぎ、しっかりと効果を発揮。

 

その他急傾斜地防護擁壁工におけるKYOSEI 商品

マルチアンカーウォール(MAW)
 
ブロック・ノン(BLN)
 
ダブルウォール(DW)
マルチアンカーウォール(MAW)   ブロック・ノン(BLN)   現地発生土を有効活用した鋼製砂防堰堤
        現地発生土を有効活用した鋼製砂防堰堤
>> マルチアンカーウォール(MAW)の
詳細をみる
  >> ブロック・ノン(BLN)の詳細をみる   >> ダブルウォール(DW)の詳細をみる

PAGETOP