SSSフォームレス

HOME > 工法一覧 > 残存型枠工 > SSSフォームレス

 

SSSスリーエスフォームレス(SSS-F)

 概要

嵌合式U形鋼板セグメントを使用した残置型枠

新技術情報提供システム(NETIS)登録 CB-990036-V 
「平成24年度~活用促進技術(旧)(新技術活用評価議会(中部地方整備局)」

 

SSSフォームレスは、U形鋼板のセグメントを千鳥配置の嵌合方式で構築する残置型枠です。砂防堰堤や治山谷止工をはじめ、河川護岸擁壁、落石防護擁壁、待受式擁壁等の重力式コンクリート構造物の埋殺し型枠としてご使用いただけます。

  SSS-F
 

特長

  • 壁面パネルは軽量かつ嵌合方式となっていますので、組立作業はいたって簡単です。しかも打設リフトは2mまで可能ですので、施工速度が早い。
  • 千鳥配置で先行する鋼板セグメントが転落防止安全柵の役目を果たしますので、転落防止装置を取付けるための対策費を計上する必要がありません。
  • 材料コスト減、そして施工性向上により工費削減が実現できます。
  • 姉妹商品の間伐フォームレスと組合せることで、コスト縮減だけでなく間伐材の利用促進が図れます。
 
 

施工手順

(1)型枠材の組立て・設置

底面通し材を設置し、そこに鋼板セグメントを千鳥配置にして組立てます。

 
(1)型枠材の組立て・設置
 
 
(2)タイ材の取付け

タイ材を型枠材と底面アンカー筋に溶接し、所定の勾配となるように調整してしっかり固定します。

 
(2)タイ材の取付け
 
(3)コンクリート打設

コンクリートが型枠内のすみずみまで行きわたるように、内部振動機(バイブレーター)を使って壁面際までしっかり締固めます。

 
(3)コンクリート打設
 
(4)型枠材の設置、コンクリート打設の繰り返し

鋼板セグメントのはめ込み、タイ材の取付け、コンクリート打設を天端まで繰り返します。

 
(4)型枠材の設置、コンクリート打設の繰り返し
 
(5)完成

 

 

 
(5)完成
 
 

比較工法(商品)

一般型枠、残存化粧型枠、プレキャストコンクリート型枠
 
 

SSSフォームレス 施工事例

【えん堤上下流面型枠】
     
             
     
             
     
             
     
             
       
             
【横継目型枠】
         
             
【旧堤体腹付け部型枠】
     
             
【擁壁裏型枠】
         
             
 
 

関連ページはこちら

 
 

?
PAGETOP