車両防護柵基礎工(ガードレール基礎工)

HOME > 工法一覧 > 車両防護柵基礎工(ガードレール基礎工)

車両防護柵基礎工(ガードレール基礎工)

概要

現地発生土を有効活用した鋼製砂防えん堤
 

車両等の衝突荷重を擁壁に一切波及させない自主独立の控えアンカー式車両防護柵基礎工です。
鋼商品のため、軽量、組立容易、経済的で、補強土壁との景観バランスが優れています。

 
 

車両防護柵基礎工(ガードレール基礎工)におけるKYOSEI 商品

SBポストアンカー(SBPA)
       
エスビーポストアンカー(SBPA)        
路肩に寄せて設置できる独立型車両防護柵
基礎工
       
>> SBポストアンカー(SBPA)の詳細をみる        

PAGETOP