マットギャビオン

HOME > 工法一覧 > 護床工 > マットギャビオン

マットギャビオン(MGBN)

構造

護床工
 

マットギャビオンは、素材にエキスパンドメタルを使用し、栗石・割栗石を中詰したかご工です。
緩勾配の護岸法面や護床工に適用することができます。かごマットのように 鉄線を編んだ金網商品とは異なり、一枚板をプレスして加工形成したエキスパンドパネルは鉄線かごで弱点とされた線材破断時の伝線性がありませんので、流況の激しいところでも適用できます。

マットギャビオン
 
 

特長

  • 伝線性がない。
  • 溶融亜鉛メッキが施され、耐用年数は実用上半永久的。
  • 中仕切網の剛性が高いため、機械による中詰石の投入が容易。
  • 強い衝撃にも破断することなく自身が凹んで、吸収できる高い耐久性と柔軟性。
  • 部材の加工を極力減らしたことで、経済性に優れる。
 
 

施工手順

(1)吸出し防止材敷設、底面材・隔壁材の設置

土砂面と接する底面及び側面に吸出し防止材を敷設し、底面材を所定の位置に設置します。隣り合う底面材同士は一目(20cm)重ねます。そこに底面連結材で隔壁材と嵌め合わせて、連結棒を差込み固定します。

 
(1)基礎工
 
(2)隔壁材同士の接続

隔壁材が突き会う交点で、隔壁材同士を連結コイルで接続します。
隔壁材の設置が終わりましたら、天端連結材を取り付けます。

 
(2)タイ材の設置
 
(3)中詰材の投入

中詰材は、栗石φ150〜200を使用します。
壁面際は空隙が生じやすいため、空隙が少なくなるよう詰め石に注意してください。

 
(3)中詰土の投入・まき出し・締固め
 
(4)天端材の取り付け

上部に天端材を設置し、隣り合う天端材同士は、一目(20cm)重ねます。そこに、天端連結材で隔壁材と嵌め合わせ、連結棒を差込み固定します。

 
(4)壁面材・タイ材設置と中詰工繰り返し
 
(5)完成
 
(5)完成
 
 

比較工法(商品)

かごマット など

 
 

マットギャビオン 施工事例

     
 
 

PAGETOP